キャンピングカー

ジャパンキャンピングカーショー2019!動画解説ありの体験レポート

日本最大のキャンピングカーショーに行ってきました。
ジャパンキャンピングカーショー2019。

会場は、千葉の幕張メッセ1・2・3ホールで開催されました。
2019年2月1日、2日、3日で67,848名を動員。
近年のキャンピングカーブームを象徴するかのごとく、ものすごい盛り上がりでした。

動画その1

動画その2

動画その3

動画その4


スポンサーリンク

 

目次

■ジャパンキャンピングカーショー2019体験レポート

幕張メッセの国際展示場にやってきました。

初日の2月1日(金)の朝の様子です。
会場入り口前には、長い行列ができていました。

こちらは当日券のチケット売り場です。

では、会場の中へ入っていきましょう。

入り口で会場内のマップを受け取ります。

JRVA(ジャルバ)くんと記念撮影。

■出展車両のご紹介

・N-VAN COMPO POP CABIN(ホワイトハウス)

ポップアップルーフとサイドオーニングテントが付いた軽キャンパーです。
車中泊もできるし、オートキャンプもOK。
アウトドア好きにとってはたまらない作りですよね。

注目度も高く、たくさんの人がチェックされていました。

「新世代あそび完成」というキャッチフレーズが良いですね!

まさに大人が楽しめる秘密基地です。

テントの空間も広々しています。

乗車定員4人、就寝定員4人
サイズ:3395×1475×2000mm
ベース車:STYLE FUN TURBO HondaSENSING
価格:4,613,000円

詳しくはホワイトハウスさんのページでご覧ください。
http://www.whitehouse.co.jp/camper/compact/kei/
 

・コンパスとドルクを比較(ホワイトハウス)

ホワイトハウスさんのハイエースバンコン2種類を比較してみました。
COMPASS(コンパス)とDOLQ(ドルク)です。
大きな違いはポップアップルーフとハイルーフの違いですね。
どちらとも上質な室内空間が広がっていて快適に過ごせそうです。

~COMPASS(コンパス)~

コンパスの外観はこんな感じです。

コンパスの室内の様子、シックで落ち着いた印象です。

後ろには二段ベッドがあります。

乗車定員6人、就寝定員5人
サイズ:4840×1920×2090mm
ベース車:ハイエースバン SーGLワイド
価格:6,509,000円

~DOLQ(ドルク)~

ドルクの外観はこんな感じで横が飛び出していますね。

ドルクの室内は明るくオシャレで広々しています。

乗車定員7人、就寝定員4人
サイズ:5380×1920×2380mm
ベース車:ハイエーススーパーロング
価格:5,894,000円

詳しくはホワイトハウスさんのページでご覧ください。
http://www.whitehouse.co.jp/camper/hiace/
 

・バレンシア520(マックレー)

マックレーさんのバレンシア520 リアエントランスです。

なんと、床暖が入ったキャブコンです。
室内に入った瞬間、足元が暖かくてビックリしました。
これなら寒い冬でも快適に過ごせそうです。

以前からYouTubeで観ていたマックレー小川さんにお会いすることができました!

バンクベッドも広々、間接照明も明るくて良い感じですね。

乗車定員8人、就寝定員6人
サイズ:5150×2200×3050mm
ベース車:ふそう キャンター
価格:12,918,000円

詳しくはマックレーさんのページでご覧ください。
http://www.mcley.co.jp/
 

・プロライトエコ(ライトスタッフトレード)

カナダのキャンピングトレーラーProLiteEco(プロライトエコ)です。

牽引免許は不要で、超軽量なので小型の普通乗用車でも牽引できます。
カナダで作られているので寒冷地仕様、断熱材もバッチリ入っています。

専用の自転車用アルミラックも付けることができます。

タイヤはボディの外に出ているので、室内は見た目よりも広々しています。

キッチンの装備も充実しています。

就寝定員:大人2人、子供1人
価格:3,150,000円

詳しくはこちらのぺーでご覧ください。
https://rightstufftrade.ca/

こちらのページには、みるみるランドの動画も掲載されています。
https://rightstufftrade.ca/free/tip

北海道にある上嶋自動車さんで取扱されています。
http://www.kamishima.co.jp/
 

・ラセードフォーユー(RVグランモービル)

RVグランモービルさんのラセードフォーユーです。

大きなボディのバスコンで見た目の迫力があります。

室内も広々していて、豪華な装備が充実しています。

電子レンジやエアコンなどの家電もしっかり使えるのが良いですね。
長期間の長旅でも、これならゆったり快適に過ごせそうです。

乗車定員6人、就寝定員2人
サイズ:6225×2080×2800mm
価格:12,980,000円

詳しくはRVグランモービルさんのページでご覧ください。
http://rv-guranmobile.com/course/new_basukon/
 

・クッチェッタ(ビークル)

ビークルさんのクッチェッタ・ファミーユです。

ハイエースロングのコンパクトなボディのバンコンです。
街乗りも快適に走れそうですね。

室内はキャンピングカーに必要な要素が詰め込まれています。
後部キッチンの調理台のギミックなどは驚きのアイディアですね。

黄色のソファが明るい雰囲気で良いですね。

乗車定員7人、就寝定員3+2人
サイズ:4695×1695×1998mm
ベース車:ハイエース・ロングDX
価格:4,302,000円

詳しくはビークルさんのページでご覧ください。
http://vehicleweb.co.jp/lineup/couchette-famille/
 

・ランチ

お昼になったので、屋外のフードコートで昼食を食べることに。

ソーキそばを食べました。

温かくて美味しかったです。

そして、再び午後の取材です。

 

・マンボウエグゼ(ロータスRV)

ロータスRVさんのMAMBOW EXE(マンボウエグゼ)2019年モデルです。

ボンゴ専用アルミホイールもカッコいいですね。

シックにまとまった高級感ある内装が印象的でした。
L時のキッチンも使いやすそうなレイアウトですね。

横向きシートの背もたれを倒すとカウンターが延長されます。

エアコンや電子レンジなどの家電も充実しています。

乗車定員7人、就寝定員5人
サイズ:4880×1880×2650mm
ベース車:ボンゴトラックGL
価格:6,710,000円

詳しくはロータスRVさんのページでご覧ください。
https://www.rotas-rv.co.jp/camper/mambow_exe.html
 

・ボンドⅡ(ダイレクトカーズ)

ダイレクトカーズさんのボンドⅡです。

特徴は何といっても、外に飛び出すギャレーですね。

シャワーも使えるので、キャンプ場で大活躍しそうです。

室内はすっきりした印象で広々しています。

車中泊にもアウトドア・キャンプにも使えるハイエースですね。

乗車定員6人、就寝定員4人
サイズ:4840×1880×2550mm
ベース車:ハイエースワイドバンスーパーGL
価格:6,949,800円

詳しくはダイレクトカーズさんのページでご覧ください。
http://www.cars-drt.com/
 

・リチ(ロータスRV)

ロータスRVセールスさんのRICH(リチ)です。

救急車(ハイエース)がベースのキャンピングカーです。
救急車とは似つかわしくない、外観のデザインがおしゃれです。

ハイルーフなので室内空間は広々しています。

内装も豪華で高級感溢れるバンコンになっていますね。

乗車定員6人、就寝定員大人2+子供2人です。
サイズ:5370×1950×2600mm
ベース車:救急車(ハイエース)
価格:10,000,000円

詳しくはこちらのページでご覧ください。
https://camperassist.jp/products/rich/
 

・ウォーク(ドリーム・エーティー)

ドリーム・エーティーさんのWalk(ウォーク)です。

WalkにはタイプAとタイプCがあります。
乗車定員や内装の作りが違います。

ベース車両もハイエースとキャラバンがあります。
それぞれボディサイズも選ぶことができます。

シートやカーテンも種類が豊富で自分好みのタイプを選ぶことができます。
どれにしようか選ぶのは楽しいですよね♪

詳しくはドリーム・エーティーさんのページでご覧ください。
https://www.dream-a-t.jp/
 

・エムアールバイブス(バンレボ)

VanRevo(バンレボ)さんのMRvibes(エムアールバイブス)です。

トヨタシエンタの車中泊仕様ですね。

フルフラットの広いベッドスペースが確保されていました。

吊るされたランタンが良い味出していますね。
キャンプ場でも活躍してくれそうです。
HYBRIDならば電子レンジやケトルを使うこともできます。

乗車定員5人、就寝定員2人
サイズ:4260×1695×1675mm
ベース車:トヨタシエンタ ファンベース
価格:2,542,000円

詳しくはVanRevoさんのページでご覧ください。
http://www.vantech-niigata.com/
 

・ベリー(タコス)

TACOS(タコス)さんのVERY(ベリー)REです。

ハイエースがベースのキャブコンです。

上部にマットを敷くとベッドスペースが出来上がります。

けっこう広くて快適な室内空間でした。

エアコンや電子レンジなどの家電も使えます。

乗車定員6人、就寝定員4人
サイズ:4990×1890×2600mm
ベース車:ハイエース ナローボディバンGLP
価格:6,362,000円

詳しくはTACOSさんのページでご覧ください。
https://www.tacos.co.jp/very.html
 

・アルファタイプ2(AtoZ)

AtoZさんのAlpha(アルファ)TYPE2 HIKARIです。

女性のインテリアコーディネーターが内装をデザインしています。
ピンクを基調に柔らかい印象の室内空間が広がっていました。

バネットがベースのコンパクトサイズなので運転もしやすそうです。

街乗りから車中泊まで便利に使えそうですね。

乗車定員6人、就寝定員2人
サイズ:4900×1942×2300mm
ベース車:日産NV200GX
価格:4,708,000円

詳しくはAtoZさんのページでご覧ください。
http://www.atozcamp.com/
 

・多目的サポートカー(AtoZ)

AtoZさんの多目的サポートカーです。

車イス利用者の方でも快適な車旅ができるキャンピングカーです。
介護施設や病院への送迎用でも人気のリフトを完備。

室内も広々して車イスが邪魔になりません。

大きな荷物や医療補助器具なども置けるスペースが確保されています。

前方には大きなバンクベッドもあります。

乗車定員7人、就寝定員7人
サイズ:4960×1910×2850mm
ベース車:トヨタ カムロード
価格:7,023,000円

詳しくはAtoZさんのページでご覧ください。
http://atozcamp.com/wv/anthony/about/
 

・アンソニースペンド(AtoZ)

AtoZさんのAnthony SPEND(アンソニー スペンド)です。

大型リアハッチに大きなカーゴスペースを搭載したキャブコンです。
収納スペースもたくさんあるので、荷物を大量に積めるキャンピングカーです。
荷物が増えがちな長期の車旅にも適した一台ですね。

ダイネットやバンクベッドなども広々で快適に過ごせそうです。

カーゴスペース上部のベッドスペースも広々しています。

乗車定員7人、就寝定員7人
サイズ:4960×1910×2850mm
ベース車:トヨタ カムロード
価格:5,523,000円

詳しくはAtoZさんのページでご覧ください。
http://www.atozcamp.com/
 

・エース565LDタイプA(エースキャラバンズ)

エースキャラバンズさんのエース565LDタイプAです。

スペインからの輸入キャンピングカーです。

天井から降りてくるプルダウンベッドは照明などもおしゃれです。

室内は豪華で高級感のあるスペースが広がっています。

優雅で快適な旅ができますね。

乗車定員7人、就寝定員6人
サイズ:5780×2290×2650mm
ベース車:フィアットデュカト
価格:8,068,500円

詳しくはこちらのページでご覧ください。
https://www.campnofuji.jp/ace/565/
 

・ジル480スキップ(バンテック)

バンテックさんのジル480スキップです。

後部のU字リビングはとても広い空間です。

上部にはたくさんの収納棚が配置されています。
大人数でワイワイ楽しくしてもいいし、二人でゆったりくつろぐのもいいですね。

エアコンや電子レンジなどの家電も使えます。

キッチンやマルチルーム、バンクベッドも完備しています。

乗車定員9人、就寝定員3人
サイズ:4875×1970×2750mm
ベース車:トヨタ カムロード
価格:6,840,000円

詳しくはバンテックさんのページでご覧ください。
http://www.vantech.jp/lineup/zil481skip/index.html
 

・デスレフエスプリ(東和モータース販売)

東和モータース販売さんのデスレフエスプリです。

ダイナミックで大きな外観が目を引きます。
デザイン性も高くでカッコいいエクステリアです。

もちろん内装インテリアもおしゃれです。

高級感漂うホテルのスイートルームのような室内。

ベッドルームもこの通り。

優雅で快適な旅を満喫できそうですね。

乗車定員5人、就寝定員4人
サイズ:7600×2330×2990mm
ベース車:FIAT(フィアット)デュカト
価格:16,8000,000円

詳しくは東和モータース販売さんのページでご覧ください。
https://www.dethleffs.co.jp/dethleffs/esprit.html
 

・レムクラスエス(キャンパー鹿児島)

キャンパー鹿児島さんのrem(レム)class-S(クラスエス)VerⅡです。

スズキ・エブリィに寝心地の良いマットを搭載した軽キャンパーです。

インテリアには豊富な収納スペースと洗練された家具が配置されています。
走行充電対応したサブバッテリーも搭載しています。

乗車定員4人、就寝定員2人
サイズ:3395×1475×1895mm
ベース車:スズキ エブリィ
価格:2,370,000円

詳しくはキャンパー鹿児島さんのページでご覧ください。
https://www.aa-k.com/camp/stock/rem-class_s.html
 

・スイフト ベースキャンププラス(トーザイアテオ)

トーザイアテオさんのSwift(スイフト)Basecamp Plus(ベースキャンププラス)です。

イギリスから輸入したキャンピングトレーラーです。

ベッドを跳ね上げると広い空間が生まれて荷物をたくさん積めます。

キッチンやトイレ、シャワーなど便利な機能が充実。

エアーテントを付けるとさらに大きなスペースが生まれます。
アウトドアが楽しくなりそうですね。

就寝定員3人
サイズ:5100×2280×2710mm
価格:3,620,000円

専用エアーテント:198,000円

詳しくはトーザイアテオさんのページでご覧ください。
https://www.tozaiateo.co.jp/2018/03/27/swift-basecamp-plus/
 

・ツレルンダー(オートワン)

AUTOONE(オートワン)さんのTurerunder(ツレルンダー)です。

釣り好きな人に特化して作られた軽キャンパーですね。

ボディは4インチリフトアップされたオフロード仕様です。

最近流行りのワイルドな上げ系ですね。
ワイルドな外観がカッコいいですね。

ルアーやロッドを収納できるなど内装も釣りに特化された作りになっています。

乗車定員4人、就寝定員2人
サイズ:3395×1475×1990mm
ベース車:エブリィ JOINターボ
価格:2,992,800円

詳しくはオートワンさんのページでご覧ください。
http://www.autoone.co.jp/
 

・シルバー310TDL(インディアナRV)

インディアナRVさんのTRIGANO(トリガノ)Silver(シルバー)310TDLです。

ポップアップルーフが付いたキャンピングトレーラーです。
けん引免許は不要です。

室内はおしゃれなインテリアでソファも座り心地が良いです。

ポップアップなので天井が高くて開放感があります。

キッチン周りなどの装備も充実しています。

就寝定員3人
サイズ:4850×1800×1980mm
価格:
フリースタイル 2,650,000円
Vエディション・エクストラ 3,250,000円

詳しくはインディアナRVさんのページでご覧ください。
http://www.indiana-rv.net/carlineup/index.html

これにて、キャンピングカーショー2019の初日は終了。

そして、翌日。
再び幕張メッセへとやってきました。

二日目は会場の前にめっちゃ長蛇の列ができていました。
 

・ロードセレクト(カスタムセレクト)

カスタムセレクトさんのロードセレクトです。

ハイエースのタイプが選べるバンコンです。

ボディのサイドが飛び出て横向きに寝ることができます。

内装はおしゃれなインテリア空間が広がっていました。

乗車定員6人、就寝定員5人
サイズ:4840×1880×2100mm
ベース車:ハイエースワイドミドル
価格:4,848,000円

詳しくはカスタムセレクトさんのページでご覧ください。
https://custmselct.exblog.jp/i23/
 

・トレイルワークス(ケイワークス)

ケイワークスさんのトレイルワークスです。

バイクや自転車を積んだり、趣味の部屋にしたり。
動くガレージのようなトレーラーです。

ソファやベッドも快適に使えるので宿泊もよし。
用途に応じていろんなシーンで活躍しそうですね。

就寝定員6人
サイズ:5310×2110×2520mm
価格:3,995,000円

詳しくはケイワークスさんのページでご覧ください。
http://kworks-aurora.com/aurora-lineup/travel-trailer/trailworks/
 

・バーデン カリモクバージョン(トイファクトリー)

TOY-FACTORY(トイファクトリー)さんのBADEN(バーデン)カリモクバージョンです。

国産大手家具メーカーのカリモク家具とのコラボで作られたキャンピングカーです。
2019年の限定生産の超プレミアムなモデルです。

室内は高級感漂う上質なインテリア家具が施されていました。

優雅な車旅を楽しめそうですね。

乗車定員7人、就寝定員5人
サイズ:5380×1920×2380mm
ベース車:ハイエーススーパーロング ワイドキャンパー特装車
価格:7,681,000円

詳しくはトイファクトリーさんのページでご覧ください。
https://www.toy-factory.jp/lineup/2019/02/baden-karimoku-ver.php
 

・ブルームーン(カトーモーター)

カトーモーターさんのブルームーンです。

ダイネットとベッドスペースが分離したレイアウトのキャンピングカーです。

後部の二段ベッドはスライド式で、広げるとワイドに展開できます。

木目調で統一された室内がとても落ち着く良い雰囲気ですね。

運転席と助手席を倒すと後ろがリビング用のイスになります。

まるで家の中にいるような空間になっていました。

乗車定員4~5人、就寝定員4人
サイズ:5380×1900×2390mm
ベース車:ハイエース
価格:5,918,000円

詳しくはカトーモーターさんのページでご覧ください。
http://www.katomotor.co.jp/newcar/van/blue_moon.html
 

・メリルポップアップⅡ(カトーモーター)

カトーモーターさんのメリルポップアップⅡです。

タウンエースを車中泊仕様にしたキャンピングカーですね。
屋根はポップアップルーフになっています。
普段の街乗りにも使えるし、車中泊にも使える一台です。

オレンジのアクセントが可愛いデザインですね。

後部にシンクがあってアウトドアでのキッチンスペースに最適ですね。

乗車定員4人、就寝定員4人
サイズ:4045×1665×2100mm
ベース車:タウンエース
価格:4,467,000円

詳しくはカトーモーターさんのページでご覧ください。
http://www.katomotor.co.jp/newcar/van/meril1.html
 

・BサロンワゴンS(MDNマドンナ)

MDNマドンナさんのBサロンワゴンSです。

NV350キャラバンのラグジュアリーなキャンピングカーです。

天井までレザー張りが施された高級感ある内装が特徴的です。
大型画面モニターや高音質の音響機器などオーディオ関係もこだわっています。

ラグジュアリーな空間を演出するバンコンですね。

乗用車中泊車のワゴン登録で5ナンバーです。

乗車定員8人、就寝定員2人
サイズ:4695×1695×1990mm
ベース車:NV350キャラバン GXロングボディ
価格:6,717,872円

詳しくはMDNマドンナさんのページでご覧ください。
https://hisakino.wixsite.com/madonna/b-salon
 

・グランドバケイション490Ⅱ(キャンピングカーオーゼット)

キャンピングカーオーゼットさんのGrandVacation(グランドバケイション)490Ⅱです。

ミニバン以上キャンピングカー未満を目指して作られたハイエースです。
街乗りから車中泊まで用途に応じて活用できますね。

10名乗車可能なので、大人数でワイワイ楽しく出かけるのもいいですね。

内装はシックで落ち着いた大人の雰囲気でまとまっていました。

乗車定員10人、就寝定員5人
サイズ:1840×1940×2100mm
ベース車:ハイエースワゴンGLワイドミドル
価格:4,783,000円

詳しくはキャンピングカーオーゼットさんのページでご覧ください。
https://www.hiace.co.jp/lineup/1163/
 

・シュピーレン(フロット・モビール)

フロット・モビールさんのシュピーレンについて代表の高森さんにお話を伺いました。

ライトエースもNV200バネットもコンパクトサイズなので運転しやすそうですね。
普段遣いでの街乗りにも適しています。

ちょっとした車中泊にも最適。

室内の装備もいろいろ自由に選択できるのが嬉しいですね。
シートアレンジも豊富なので、自分好みのスタイルが見つかりそうです。

詳しくはフロット・モビールさんのページでご覧ください。
http://flott-m.com/spielen/
 

・キャンピングカーⅡFLAT(西尾張三菱自動車販売)

西尾張三菱自動車販売さんのキャンピングカーⅡFLAT(ふらっと)です。

タウンボックスの軽キャンパーですね。

いつでも気軽にふらっとお出かけ。
寝心地の良さそうなフラットなベッドスペースが展開します。

ベッド下の引き出し収納も便利で良いですね。
普段の街乗りから手軽な車中泊まで快適に使えそうです。

乗車定員4人、就寝定員2人
サイズ:3395×1475×1910mm
ベース車:タウンボックス
価格:2,089,800円

詳しくは三菱さんのページでご覧ください。
https://www.mmc-mlt.co.jp/activities/specially/index.html
 

・シリウス6.7イマジン(フィールドライフ)

フィールドライフさんのシリウス6.7イマジンです。

外観内装ともに豪華なセミフルコンバージョンのキャンピングカーです。
マイクロバスの外装をカットして高断熱パネルボディで作られています。

室内は高級感溢れるインテリアで統一されています。

装備も充実しているので長期旅でも快適に過ごせそうです。

乗車定員6人、就寝定員4人
サイズ:6690×2100×3150mm
ベース車:三菱ローザ特装
価格:19,749,700円

詳しくはフィールドライフさんのページでご覧ください。
http://www.fieldlife.co.jp/new_cars/sirius/index.htm
 

・セドナとレイクサイド(ワークボックスバンライフプロジェクト)

WORKVOX VAN LIFE PROJECT(ワークボックスバンライフプロジェクト)から。
SEDONA(セドナ)TYPEⅢとLAKESIDE(レイクサイド)です。

バン一台に荷物を詰め込んで自由に生活するバンライフスタイル。
ハイエースをベースにしたオフロード仕様となっています。

こちらがセドナ

こちらがレイクサイド

どちらも木のぬくもりを感じる内装とインテリアがめっちゃオシャレです。
アウトドアに自然に溶け込む感じが良いですね。

詳しくはこちらのページでご覧ください。
http://sedona-vanlife.com/
 

・G-LIB(日産ピーズフィールドクラフト)

日産ピーズフィールドクラフトさんのG-LIBです。

リチウムイオンサブバッテリーを搭載したNV350キャラバン。
AC100Vで大容量の家電が使えるモデルです。

白を基調とした内装は落ち着いた大人の空間です。
間接照明もおしゃれで、優雅な旅を満喫できそうです。

乗車定員5人、就寝定員2人。
サイズ:5230×1880×2280mm
ベース車:キャンパー特装Aタイプ
価格:10,241,905円

詳しくは日産ピーズフィールドクラフトさんのページでご覧ください。
https://www.ps-craft.co.jp/
 

・オフタイムクロスロード(スマイルファクトリー)

スマイルファクトリーさんのオフタイムクロスロードです。

軽オフロードカーとして人気のスズキジムニーの車中泊仕様キャンパーです。

ワイルドな外観にオレンジのベッドが印象的です。

ベッド下の引き出しは冷蔵庫になっています。

狭い室内空間でもフルフラットで寝ることができます。

必要最小限の装備で山や林道をガンガン走りたくなりますね。

乗車定員2人、就寝定員2人
サイズ:339×147×172cm
ベース車:スズキジムニーXC
価格:2,873,000円

詳しくはスマイルファクトリーさんのページでご覧ください。
http://smilefactory.sub.jp/blog/index.php?mode=pages&aim=44Kq44OV44K_44Kk44Og-E
 

・Smove7.4E(ニースマンビジョフ)

Niesmann+Bischoff(ニースマンビショフ)のSmove7.4Eです。

デルタリンクさんの出展車両ですね。

ドイツからの輸入モーターホームです。
デザイン性の高い大きな外観はルックスがカッコいいです。

内装やインテリアも豪華で高級感漂う室内でした。

装備も充実しているので、極上の旅を満喫できそうです。

乗車定員4人、就寝定員3+1人
サイズ:7430×2245×2300mm
ベース車:フィアットデュカト
価格:15,085,000円

詳しくはこちらのページでご覧ください。
http://sharaku.cc/
 

・ソニックサプライム710SL(アドリア)

ADRIA(アドリア)SONIC(ソニック)SUPREME(サプライム)710SLです。

デルタリンク(ADRIA JAPAN)さんの出展車両になります。
大きな外観がひときわ目立って目に飛び込んできます。

室内は豪華なインテリアでテンション上がりますね。

プルダウンベッドもついています。

高性能の機能と装備も充実しているので優雅な長期旅を満喫できますね。

スロベニアからの輸入モーターホームです。

乗車定員5人、就寝定員4+1人
サイズ:7520×2320×2960mm
ベース車:フィアットデュカト
価格:14,746,000円

詳しくはADRIAさんのページでご覧ください。
http://adria-mobil.jp/motorhomes/sonic/supreme
 

・ダーウィンQ2(デルタバンデザイン)

D.V.DデルタバンデザインのDarwin(ダーウィン)Q2です。

デルタリンクさんの出展車両になります。

ハイエーススーパーロングで室内はゆったり広々しています。

優れた機能が盛り込まれ空間を効率よく活用しています。
デザイン性も高く、外観も内装インテリアもおしゃれです。

乗車定員9人、就寝定員3人
サイズ:5380×1900×2285mm
ベース車:ハイエースSL特装
価格:6,250,100円

詳しくはデルタリンクさんのページでご覧ください。
https://www.delta-link.co.jp/
 

・アドラ482LU(アドリア)

ADORIA(アドリア)のADORA(アドラ)482LUです。

デルタリンクさんの出展車両になります。
スロベニアからの輸入キャンピングトレーラーです。

高級感のある豪華な内装インテリアがおしゃれで目を引きます。

間接照明も良い雰囲気を醸し出しています。
スカイルーフやパノラマウィンドウからの眺めも良さそうですね。

機能も充実しているので快適な長期旅ができそうです。

就寝定員5人
サイズ:6968×2296×2580mm
価格:3,939,000円

詳しくはADRIAさんのページでご覧ください。
http://adria-mobil.jp/caravans/adora/
 

・A60SP(サンリビング)

SUNLIVING(サンリビング)のA60SPです。

スロベニアの輸入キャブコンです。
フィアットデュカトの大きな外観が目を引きます。

室内も広々していてリビングもベッドスペースも快適に過ごせそうです。

キッチン周りの装備や機能も充実しています。

乗車定員4人、就寝定員4+1人
サイズ:5990×2330×3080mm
ベース車:フィアットデュカト
価格:7,980,000円

詳しくはSUNLIVINGさんのページでご覧ください。
http://sun-living.asia/jp/jp/products/a-series.html
 

・リコルソ リミテッド(アネックス)

ANNEX(アネックス)さんのRICORSO(リコルソ)リミテッドです。

上質な大人の二人旅をコンセプトに作られたバンコンタイプのキャンピングカーです。
ハイエースなので普段の街乗りにも使えて便利ですね。

内装はおしゃれなインテリアで優雅な室内空間となっています。

リミテッドは、車中泊に適した便利な設備も装備されています。
後ろにシンクとキッチンテーブルが付いています。

乗車定員8人、就寝定員3人
サイズ:4840×1880×2105mm
ベース車:トヨタハイエース ワゴンGL
価格:5,135,996円

詳しくはアネックスさんのページでご覧ください。
http://www.annex-rv.co.jp/lineup/ricorso2018.html
 

・ミニープラス(ウィネベーゴ)

WINNEBAGO(ウィネベーゴ)のMINNIE PLUS(ミニープラス)5TH WHEEL 27RLTSです。

ニートRVさんの出展です。
アメリカから輸入したキャンピングトレーラーですね。

とにかく大きな外観は注目度が高くギャラリーが耐えませんでした。

内装も豪華で高級ホテルのスイートルームのような仕上がりでした。

まさに動く豪邸です!

ここに住んだら贅沢で優雅な暮らしができますね。

就寝定員6人
サイズ:9250×2460×3900mm
価格:8,836,000円

詳しくはニートRVさんのページでご覧ください。
http://www.neatrv.com/wbtowables18/18towables-minnieplus5.htm
 

■今回の記事のまとめ

ジャパンキャンピングカーショー2019のレポートでした。

二日間に渡り取材しましたが、満足感が半端ないです。
いろんな種類のキャンピングカーをチェックすることができました。

本当に最近のキャンピングカーはおしゃれで機能的です。
どれか一台買おうと思っても、迷って決められなくなってしまいますね。

今回もたくさんの方に声をかけてくださり、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. 新潟のキャンピングカー製造販売会社カトーモーターさんの取材レポー…
  2. 名古屋キャンピングカーフェア2019春の振り返りと動画レポート
  3. 軽キャンのINDY108をレンタルして青野原オートキャンプ場へG…
  4. キャンピングカー専用駐車場|デルタサクラパーク千葉のご案内
  5. キャブコンのヴォーンをレンタルしてフォレストサンズ長瀞のトレーラ…
  6. 福岡キャンピングカーショー2018体験レポート記事
  7. JAPANキャンピングカーショー2018体験レポートその1
  8. カートラジャパンCAR&TRAVELJAPAN2018|体験レポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP