キャンピングカー

名古屋キャンピングカーフェア2019春の振り返りと動画レポート

名古屋キャンピングカーフェア2019春の取材レポートです。
2019年3月9日(土)、10日(日)に開催されました。

今回もたくさんのキャンパーが大集合!
キャブコン、バンコン、軽キャンパー、トレーラーなど。
全国各地からさまざまなキャンピングカーが集結していました。

来場者数も多くてイベントは大盛況でした。

動画その1

動画その2

動画その3

動画その4


スポンサーリンク

 

■東京から名古屋への道中

東京から新幹線に乗って名古屋へ向かいました。

新幹線の中で会場マップを確認しておきます。

最初にマップを見ておくと、効率よく会場を見て回ることができます。

名古屋駅に到着しました。

名古屋といえば、きしめん!
駅のホームにある「住よし」で立ち食いすることに。

きしめん1杯350円という安さです!

あっさりだけど出汁の味がしっかり出ています。

麺は歯ごたえがあってモチモチで美味しいです。

住よしは人気なので、常に行列ができています。

あおなみ線に乗り換えて「きんじょうふとう」へ向かいます。

金城ふ頭に到着しました。

名古屋キャンピングカーフェアの会場に到着しました。
ポートメッセなごや1号館です。

会場前にはたくさんの人が並んでいました。

すごい人気ですね。

 

■今回個別でご紹介した車両

■ケイワークス

・TRAILWORKS(トレイルワークス)

ケイワークスさんのTRAILWORKS(トレイルワークス)です。
外観も内装インテリアもカッコよくてオシャレ。
それでいて利便性も高く機能的なキャンピングトレーラーです。

今までありそうでなかったトレーラーですね。
趣味や遊び、キャンプにも使えるし、事務所などのビジネスシーンでも使えます。

就寝定員:6名
車両重量:1000kg
サイズ:5310×2110×2520mm
価格:3,995,000円

詳しくはケイワークスさんのページでご覧ください。
http://www.trail-works.jp/
 

・Live(ライブ)

ケイワークスさんのLiveです。
車イス対応のバンコンタイプのキャンピングカーです。
福祉車両とは思えないほどオシャレでカッコいいです。

ユニバーサルデザインを取り入れたキャンピングカーですね。
ベース車両はハイエースタイプとキャラバンタイプを選択できます。

詳しくはケイワークスさんのページでご覧ください。
http://www.kworks-aurora.com/live/
 

■トーザイアテオ

・HOBBY(ホビー)490KMF Deluxe

トーザイアテオさんのHobby 490KMF Deluxeです。
入り口を入ってすぐに二段ベッドが設置してあります。
さらに後方には広々したダブルベッドが設置。

リビングスペースもゆったりくつろげる空間でした。
家族で楽しく過ごせそうなキャンピングトレーラーです。

就寝定員:6名
サイズ:6886×2300×2600mm
価格:3,778,000円

詳しくはトーザイアテオさんのページでご覧ください。
https://www.tozaiateo.co.jp/stocks/6453/
 

■WHITETOP(ホワイトトップ)

・SEAGULL(シーガル)

WHITETOP(ホワイトトップ)さんのSEAGULL(シーガル)でした。
ハイエースのハイルーフ標準ボディにマルチルームを完備したバンコンタイプのキャンピングカーです。

リビングからのベッド展開がすごく工夫されていますね。
しっかりくつろげる空間が確保されているので、快適な車旅ができそうです。

乗車定員:4名
就寝定員:2+子供2名
サイズ:4695×1695×2310mm
ベース車:トヨタハイエース特装
価格:5,057,000円

詳しくはホワイトトップさんのページでご覧ください。
http://www.whitetop.net/original/seagull.html
 

■カーショップスリーセブン

・カシータテキサス Rodeo mini(ロデオミニ)

カーショップスリーセブンのカシータテキサス、Scamp Rodeo mini(ロデオミニ)でした。
アメリカンテイスト溢れる内装インテリアのキャンピングトレーラーです。

丸くて可愛いフォルムで、サイズも手頃でちょうどいい感じです。
けん引免許も不要なので、初めてのトラベルトレーラーとしても最適です。
入り口入ってすぐの二段ベッドも、リビングスペースも快適に過ごせそうですね。

就寝定員:2~4名
車両重量:670kg
サイズ:4040×2060×2500mm
価格:3,170,000円

詳しくはカーショップスリーセブンさんのページでご覧ください。
http://www.moc-camper.com/casita_texas/rodeo_mini.html
 

■L.T.CAMPERS(キャンパーズ)

・レガードネオプラス

LTキャンパーズさんのレガードネオプラスでした。
カムロードがベースの大きなキャブコンです。
外観は見た目が大きく迫力があります。

室内もリビング、ベッドスペースともに広々しています。
長期旅でも快適に過ごせそうですね。

乗車定員:6人
就寝定員:5~6人
サイズ:5350×2000×2800mm
ベース車:カムロードロングシャーシ
価格:9,955,000円

詳しくはLTキャンパーズさんのページでご覧ください。
http://www.ltcampers.jp/lineup/2018/11/post-27.php
 

■コイズミ

・JamesBAROUD(ジェームスバロウド)

株式会社コイズミさんのジェームスバロウドでした。
ソーラーファンを標準装備したポルトガル製のルーフテントです。

サイズや形状など好みで選択できます。

どの車にも屋根の上に乗せるだけでテント空間ができるのが良いですね。
小型サイズのもであれば軽自動車にも乗せることができます。

お問い合わせは株式会社コイズミさんへ
https://www.karucan.jp/
 

■リンエイプロダクト

・ファシールバカンチェス プラムL

リンエイプロダクトさんのファシールバカンチェスプラムLでした。
ハイエースロングのナローボディ標準ルーフでこの室内は驚きですね。

空間を上手に利用されていてリビングもベッドも快適にくつろげそうです。
これだけの装備で値段も手頃なのが嬉しいです。

乗車定員6人、就寝定員2人
サイズ:4695×1695×1980mm
ベース車:ハイエース ロング
価格:4,274,000円

詳しくはリンエイプロダクトさんのページでご覧ください。
http://www.rinei.jp/car_info/shashubetsu/fb.htm
 

■カトーモーター

・ZOO(ズー)

カトーモーターさんのZOOでした。
6名前向き乗車可能なバンコンタイプのキャンピングカーです。

ハイエーススーパーロングハイルーフで天井が高く室内は広々しています。
対面式ダイネットも常設二段ベッドも広いので快適に過ごせそうです。

乗車定員6~7人、就寝定員2(4)人
サイズ:5380×1950×2285mm
ベース車:ハイエーススーパーロングハイルーフ
価格:6,618,000円

詳しくはカトーモーターさんのページでご覧ください。
https://www.katomotor.co.jp/newcar/van/zoo2.html
 

■岡モータース

・ミニチュアシマウザー

岡モータースさんのミニチュアシマウザーです。
自転車などの大きな荷物を積んで車中泊もできるN-NANです。
こんなタイプの軽キャンパーも良いですね!
アウトドアライフを楽しむ人やアクティブに行動する人に最適だと思います。

乗車定員4人、就寝定員2人
サイズ:3395×1475×1945mm
ベース車:N-VAN+スタイルファン
価格:2,291,000円

詳しくは岡モータースさんのページをご覧ください。
http://www.okamotors.co.jp/originalmodel/shimauzer/
 

■レクビィ

・シャングリラ

レクビィさんのシャングリラでした。
ハイエースのスーパーロングスーパーハイルーフ特装車。

内装のインテリアは高級感がありとても豪華です。
AVサラウンドの音響がとても良く、優雅な旅を満喫できそうです。
後部に設置されたシャワー付きのトイレルームも魅力的ですね。

乗車定員5人、就寝定員3人
サイズ:5380×1930×2610mm
ベース車:ハイエーススーパーロングスーパーハイルーフ特装車
価格:9,289,000円

詳しくはレクビィさんのページでご覧ください。
https://recvee.jp/01_camper/01_line/18_sha/
 

■ナッツRV

・クレアエボリューション5.3X

ナッツRVさんのクレアエボリューション5.3でした。
対面式のダイネットにマルチルームも完備。

収納スペースもたくさん配置されています。
後方のセミダブルベッドも広くてゆったり寝れそうです。
エボリューションの充電システムで家電も使えるのが嬉しいですね。

乗車定員6人、就寝定員5人
サイズ:5190×2070×2910mm
ベース:トヨタカムロード
価格:8,396,400円

詳しくはナッツRVさんのページをご覧ください。
https://nutsrv.co.jp/lineup/crea/53x-evo/
 

■ATV群馬

・クールライダー

ATV群馬さんのクールライダーでした。
アメリカのスクールバスをモチーフに作られた軽キャンパーです。
箱バンのキャルルック仕様ですね。
レゴっぽい角ばった作りと際立つカラーが注目を浴びていました。

注目度が高いので目立ちたい個性派にはピッタリですね。
名古屋キャンピングカーフェアでも多くの人がチェックされていました。

乗車定員4人、就寝定員2人
サイズ:3500×1480×1900mm
ベース車:日産クリッパー
価格:2,673,000円

お問い合わせはATV群馬ページからどうぞ。
http://www.atv-g.com/index.html
 

■AtoZ

・アミティBosco

AtoZさんのAMITY(アミティ)Boscoでした。
小島真子さんという女性のインテリアコーディネーターが内装を担当。
優しい感じの女性好みしそうな雰囲気の室内です。

Boscoは緑のカーテンがアクセントになった森をイメージしたデザインです。
コンパクトサイズでも6人が就寝できるのが魅力ですね。

乗車定員6人、就寝定員6人
サイズ:4690×1950×1800mm
ベース車:ボンゴトラックGL
価格:4,389,120円

詳しくはAtoZさんのページをご覧ください。
http://atozcamp.com/amity/
 

■OMC

・銀河とnarrow銀河

OMCさんの銀河とニューモデルのnarrow銀河を比較してみました。
銀河はハイエースのスーパーロングで室内が広く3名就寝可能です。

ニューモデルのnarrow銀河は標準ボディのハイルーフで2名就寝です。
どちらも快適な車中泊を過ごせそうな空間でした。
ボディサイズが選べるようになったのは嬉しいですね。

~narrow銀河~
乗車定員5~6人、就寝定員2人
サイズ:4695×1695×2340mm
ベース車:ハイエース標準ボディ・ハイルーフ
価格:5,548,000円

~銀河~
乗車定員7人、就寝定員3人
サイズ:5380×1880×2380mm
ベース車:ハイエーススーパーロング・GLパッケージ
価格:6,496,000円

詳しくはOMCさんのページをご覧ください。
http://www.omc-camper.co.jp/
 

■東和モータース

・Dethleffs(デスレフ)のPULSE T6651DBM

Dethleffs(デスレフ)のPULSE T6651DBMでした。
東和モータース販売さんの出展です。
ドイツからの豪華な輸入モーターホームです。

高級ホテルの一室をそのまま詰め込んだようなキャブコンタイプのキャンピングカーですね。
室内インテリアや装備も充実、外観も近未来的なデザインを取り入れています。

乗車定員4人、就寝定員3人
サイズ:6990×2330×3000mm
ベース車:フィアット デュカト
価格:11,400,000円

詳しくは東和モータースさんのページをご覧ください。
https://www.dethleffs.co.jp/dethleffs/pulse_l.html
 

■フジカーズジャパン

・フォックス DS-L

フジカーズジャパンさんのFOCS(フォックス)DS-Lアーバン・ブルーでした。
ジーンズのような鮮やかなブルーのシート生地が爽やかに映えます。
前方がリビングスペースで後方がキッチンスペースになっています。
ベッド展開すると広々して快適に眠れそうですね。
間接照明もオシャレに室内を演出してくれます。

乗車定員6人、就寝定員3人
サイズ:4840×1880×2100mm
ベース車:ハイエース ロング ワイド ミドルルーフGL
価格:4,818,100円

詳しくはフジカーズジャパンさんのページをご覧ください。
https://focs.campnofuji.jp/ds_ub/index.html
 

■ロータスRV

・ジョクト ブライト

ロータスRVセールスさんのジョクトブライトでした。
A-saito(オートサイト)さんの出展です。
シックに統一された落ち着いた内装は大人の空間。

バンクベッドも二段ベッドも快適に眠れそうです。
リビングスペースも広いのでゆっくりとくつろげそうですね。

乗車定員:6人
就寝定員:大人4人、子供2人
サイズ:4700×1890×2650mm
ベース車:ボンゴトラックGL
価格:4,999,040円

詳しくはオートサイトさんのページをご覧ください。
http://a-saito.jp/
 

■かーいんてりあ高橋

・リラックスワゴン

かーいんてりあ高橋さんのリラックスワゴンタイプ1とタイプ2の比較でした。
どちらも明るく優しい雰囲気の室内インテリアです。
安全機能などの標準装備も充実しています。

夫婦2人でゆったりくつろぐならタイプ1、家族3人で過ごすならタイプ2など。
それぞれ用途に応じて選べるのが嬉しいですね。

~リラックスワゴンタイプ1~
乗車定員6人、就寝定員2人
サイズ:4840×1880×2100mm
ベース車:ハイエースワゴン
価格:4,659,000円

~リラックスワゴンタイプ2~
乗車定員9人、就寝定員3人
サイズ:4840×1880×2100mm
ベース車:ハイエースワゴン
価格:4,774,000円

詳しくは、かーいんてりあ高橋さんのページをご覧ください。
http://car-taka.com/relaxwagon2/concept/
 

■ダイレクトカーズ

・ボンド

ダイレクトカーズさんのボンドプレミアムハイルーフとボンドⅡプレミアムハイルーフでした。
どちらもハイルーフ仕様のバンコンタイプのハイエースキャンピングカーです。

やっぱりハイルーフは天井が高くて開放感があっていいですね。
室内が広く感じて快適に過ごせそうです。

飛び出すギャレーのギミックは驚きでした!

~ボンドプレミアムハイルーフ~
乗車定員6人、就寝定員4人
サイズ:4840×1880×2550mm
ベース車:ハイエース ワイドバン スーパーGL
価格:7,147,800円

~ボンドⅡプレミアムハイルーフ~
乗車定員8人、就寝定員4人
サイズ:4840×1880×2550mm
ベース車:ハイエース ワイドバン スーパーGL
価格:7,146,400円

詳しくはダイレクトカーズさんのページをご覧ください。
http://www.cars-drt.com/
 

■今回の記事のまとめ

名古屋キャンピングフェア2019春の様子でした。

今回もたくさんのキャンピングカーが見れて良かったです。
いろんな出会いもあって楽しかったですね。

名古屋のキャンピングカー熱を改めて実感できました。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. お台場キャンピングカーフェア2018体験レポートと等身大ガンダム…
  2. 第26回関東キャンピングカー商談会の振り返りと動画レポート
  3. キャンピングカーショー2018体験レポートその2
  4. 福岡キャンピングカーショー2018体験レポート記事
  5. キャンピングカーショー2018体験レポートその3
  6. JAPANキャンピングカーショー2018体験レポートその1
  7. 大阪キャンピングカーショー2019春の振り返りと動画レポート
  8. 第21回神奈川キャンピングカーフェアの振り返りと動画レポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP