DIY

DIY初心者必見!超便利なブラックデッカーの電動工具マルチツールプラス

ガレージハウスに引っ越してきたので、これからいろいろDIYもやっていきます。

でもその前に、まずは工具を揃えないといけません。
まったく何もない状態ですからね。

工具っていろいろ揃える必要があるんですが・・・。

めっちゃ便利なものを見つけました。

ブラックアンドデッカーのマルチツールプラスというものです。
1台で4役こなしてくれる便利な電動工具です。


スポンサーリンク

 

■ブラックデッカーマルチツールプラスのレビュー

今回購入したのはこちらです。

BLACK+DECKER)(ブラックアンドデッカー)マルチツールプラス
18V EVO183P1

  1. インパクトドライバー
  2. ドリルドライバー
  3. 丸ノコ
  4. サンダー

DIYで必須となる4つのツールをこれ1台で使えてしまうという、超便利な電動工具なんですね。

ヘッドを交換するだけで用途を変えれるマルチツールです。
LEDライトも付いているので暗いところでも使いやすいです。
コードレスなので、電源が近くにない場所でも自由に使えます。

めっちゃ良い条件が揃っていますよね。

箱を開けてみると、中身はこんな感じでした。

本体と各種ヘッド、バッテリー、収納袋が入っていました。

こちらが取扱説明書です。

それぞれの工具の使い方がわかりやすく記載されていました。

こちらはブラックアンドデッカーの仕様です。

ブラックアンドデッカーのカタログも入っていました。

今回購入したのは4つのヘッドが付属しているものでした。
でも別売りのヘッドを追加で購入すると、さらに用途が広がるんですね。

・バッテリー

こちらがバッテリーと急速充電器です。

バッテリーを充電器に差し込むと充電が始まります。
約40分でフル充電されます。

フル充電されたら、バッテリーを本体にドッキングさせます。

・ヘッドの交換

ヘットの交換はめっちゃ簡単です。

使いたいヘッドを本体に差し込むだけ。
ヘッドを取り外すときは、上のボタンを押しながら引き抜くだけです。

・ドリルドライバー

ではドリルドライバーから使っていきましょう。
ドリルドライバーはDIYの基本中の基本、穴あけやネジ締めを行うときに使用します。

本体にドリルドライバーのヘッドを装着します。

ヘッドの先端にビットを取付けます。

ビットはプラスドライバー、マイナスドライバー、六角ドライバー、ドリルなど11種類が付属しています。

実際にネジ締めをやってみました。

板にネジがするするっと入っていきました。

ドリルドライバーはトルク調整もできます。

トルクで締め付けの強さを調整することで、ネジの頭を板とぴったり平面に合わせることができます。
太いネジの場合はトルクの設定が必要ですが、細いネジの場合は高いトルクだとネジを痛めてしまう場合もあるそうです。
何本かのネジ締めをする場合、最初の1本目で最適なトルクを見つけて設定しておくと2本め以上は最適な状態でネジ締めできます。

・インパクトドライバー

次はインパクトドライバーを使ってみました。

ヘッドを取り替えてビットも付け替えます。

インパクトドライバーは、主にウッドデッキなどの長いネジ締めをするときに使います。
回転と同時に押す力も加わるのが特徴です。

トリガースイッチを深く押すと高速になり、浅く引くと低速になります。
インパクトドライバーもストレスなく、快適に使えました。

・丸ノコ

次に丸ノコを使ってみました。

丸ノコを使う場合は、チップソーと呼ばれる刃をヘッドに取付けます。

固定ボルトを外して内フランジと外フランジの間にチップソーを装着します。

チップソーを装着したヘッドを本体にドッキングさせます。

実際に丸ノコで板を切断してみました。

けっこうスルスルっと切れましたね。

最大切込みの深さは21mmです。
1×4(ワンバイフォー)などのワンバイ材であれば1回で切断できます。
2×4(ツーバイフォー)などのツーバイ材になると、1回では切断できません。

・サンダー

最後にサンダーを使ってみました。

ヘッドにサンドペーパーをマジックテープで貼り付けます。

サンドペーパーは粗目#80と細目#120がそれぞれ5枚ずつ入っています。

集塵機アダプターも入っていましたが、これを使うにはアダプターの先に掃除機を取り付ける必要があります。

実際に使ってみると、心地よく板を研磨してくれました。

切り口のケバケバが取れてなめらかになりました。

サンドがけするときは、木目にそって研磨するときれいに仕上がるそうです。

・収納袋

このような収納袋も付いています。

ハードケースではなくソフトケースです。
ポケットなどもないので、本体とヘッドと付属品をそのまま袋の中に詰め込んでおく感じですね。

■今回の記事のまとめ

ブラックデッカーのマルチツールを使ってみました。

DIY初心者にはこれ1台あれば充分ですね。
どのヘッドも使いやすく、簡単に取扱いすることができました。

工具をそれぞれ揃える必要がないので良いですね。

これからDIYを始める人はこれ買っておくと便利ですよ。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. RUIPUソーラーチャージャーモバイルバッテリーの実力やいかに!…
  2. 100均DIYで調味料を入れるスパイスボックスを作ってみた!
  3. SONYのビデオカメラFDR-AX700をレビュー!やっぱり高級…
  4. 肌チェッカーのおすすめNo.1|美ルルのスキンチェッカーの実力と…
  5. ツーバイフォー材でガレージの棚をDIY!カッコよくオシャレな収納…
  6. 電動草刈機マジックトリマーの動画レビュー!通販で買う前に要チェッ…
  7. DIYでガレージハウスに映えるおしゃれな下駄箱を作ってみた!
  8. タワー型ハイブリッド式加湿器のメリットとデメリットを暴露!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP