福袋

文明堂の福袋2020年バージョンを開封レビュー!動画でネタバレ注意

文明堂の福袋2020年(令和二年)バージョンです。

文明堂といったらカステラで有名な老舗のお菓子屋さんです。
その文明堂から福袋が今年も発売されています。

お年賀ギフトの「新春開運箱」です。

さて、中身はどんなものが入っているのでしょうか?
開封レビューをしていきます。


スポンサーリンク

 

文明堂の新春開運箱2020年の気になる中身を大公開

2020年の干支はねずみです。
そして、東京オリンピックが行われる年でもあります。

そんなわけで、ねずみが聖火ランナーをやっているイラストが描かれていました。

手提げ袋は明治時代を感じさせるイラストが描かれています。
文明堂は1900年(明治33年)に長崎で中川安五郎さんが創業した老舗のお菓子屋さんなんですね。

新春開運箱のデザインを見てみましょう。

六角形のおめでたい形の箱です。

千両、萬両、小判に打ち出の小槌、ダルマなど。
おめでたいイラストが描かれています。
 

では、気になる中身をオープン!

おぉ、お菓子がたくさん詰まっています。

蓋の裏にも新春開運箱と描かれていました。

こちらが箱の中身です。

新春開運箱の中身

カステラ巻

カステラ巻 抹茶

寿さんどら(洋風どら焼き)

ふみ巻 ゆず

栗まんじゅう

ボワイヤージュ

ブッセ ピンクグレープフルーツ

どれも美味しそうですね♪
 

そして、干支ふきんも入っていました。

文明堂のカンカンベアとねずみが一緒に踊っています。
干支によって違うデザインなので毎年集めている方もいるそうです。

コレクションしたくなる気持ちが分かりますね。
 

メッセージカードも入っていました。

お正月の挨拶が書かれていました。

 

これだけのお菓子の詰め合わせで値段は1,000円です。

縁起の良いお買い得な詰め合わせですね。
 

ちなみに、去年も文明堂の福袋を買いました。

中身を比べてみると、ほとんど一緒でした。

去年はカステラ巻がいちごだったのが、今年は抹茶というだけの違いです。
あとは干支ふきんと箱のパッケージデザインの違いですね。
 

ちなみにこちら、東武百貨店のデパ地下で買いました。
イオンなどの大きなスーパーでも売っています。

今回の記事のまとめ

今回も文明堂の福袋を開封レビューしました。

なんか毎年の恒例行事みたいになってきました。

でも開封するときは何度やってもワクワクしますね~!
中身が分かっていてもドキドキします。

お正月の挨拶周りの手土産に最適ですね。
もちろん、自分で食べるのもOKですけど。

文明堂の歴史を感じながら楽しいお正月を過ごしましょう。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. 銀座コージーコーナーの福袋2018「新春お楽しみ袋」を開封してみ…
  2. メリーチョコレートの福袋2020年の中身を開封|動画レビュー
  3. 新宿中村屋の福袋2018開封!うすあわせや月餅やカステラなど
  4. 【伊藤園の福袋2018年の中身】招福みくじや五縁玉も入っていた!…
  5. ケーニヒスクローネの福袋2020年版を開封!動画でネタバレ新春福…
  6. メリーチョコレートの福袋2018を開封!ファンシーチョコレートな…
  7. 葵の倉の福袋を開封!動画あり2019年のお正月は草加せんべいを食…
  8. 亀屋万年堂のおたのしみBOX|2020年福袋ネタバレ動画レビュー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP