インタビュー

オール電化車中泊できるカナダのトレーラー『プロライト12V』を取材

カナダのトレーラーといえばプロライト。
雪や寒さに強いボディ構造に日本でも走りやすいコンパクトなボディサイズ。

今回は、オール電化車中泊ができるプロライト12Vの女性オーナーさんを取材してきました。

場所は千葉県成田市にある成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場です。

動画前編

動画後編


スポンサーリンク

 

■プロライト12Vをご紹介

取材の現場に到着しました。

中央がプロライト12Vのオーナー、アキコさんです。
左は、カナダからプロライトを輸出しているライトスタッフトレードの直美社長。

さっそくプロライト12Vを見せてもらうことに。

ヘッド車は、BMWのX1で1800Lのディーゼル車です。

トレーラーを牽引している姿がカッコいいですね。

前から見るとこんな感じ。

プロライトはコンパクトなので取り回しも楽とのことです。

連結部分はこんな感じです。

側面からみると丸みを帯びたフォルムになっています。

ドカ雪が積もっても潰れないように一体成型のボディになっています。

外部電源や外部シャワーも使えます。

後ろのラゲッジルームは荷物がたくさん入り便利とのことでした。

外部の出力電源も付いています。

ヘッド車とトレーラーを切り離します。

オレンジ色のブロック状のリベラーを設置。

サイドオーニングはソフトタイプが標準装備です。

ソフトタイプながらも厚手の生地でしっかりしています。

足を伸ばしてセットします。

車内も拝見させていただきます。

キッチンにはシンクに電子レンジと冷蔵庫。

屋根の上には200Wのソーラーパネルを搭載。
100Aのリチウムイオンバッテリーも搭載しています。

これによりオール電化の車中泊が可能になります。

コンパクトサイズながらも室内は広々。
ベッド展開すると大人3人が寝れるスペースが出現。

前方の対面対座もベッド展開することが可能です。

大人5人で快適に宴会することができました。

家具の質感も良いですね。

お酒を飲みながらプロライトの魅力をたくさん教えていただきました。

~プロライト12Vのメリット~

  • 女性でも簡単に扱えるし取り回しも楽
  • 網戸をしたまま窓の開閉が可能
  • ダイニングとベッドスペースが別々
  • 立って着替えができる
  • テント泊と違って熟睡できる

~プロライト12Vのデメリット~

  • 窓が結露する
  • 法定速度が80km/hでスピードが出せない

 
トレーラーを乗り継いで3代目というアキコさん。
プロライト12Vはかなりのお気に入りのようです。

これからもプロライト仲間を増やしていきたいとのことでした。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。
⇒詳しいプロフィールはこちら

関連記事

  1. ふじのくにキャンピングカーショー2020ふじさんめっせ振り返りレ…
  2. まさかの巻き舌がバロメーター?日本人が苦手なこととは?
  3. 第21回神奈川キャンピングカーフェアの振り返りと動画レポート
  4. 名古屋キャンピングカーフェア2019春の振り返りと動画レポート
  5. 東京キャンピングカーショー2020|動画で振り返りレポート
  6. 大阪キャンピングカーショー2021振り返り動画レポート
  7. 関東キャンピングカーフェスタ2021振り返り動画レポート
  8. 東京ソラマチキャンピングカー&アウトドアフェスタ2021夏

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP