アウトドア

【apemanA66】激安アクションカメラの画質と手ぶれ補正と防水チェック

ロードバイクのツーリング企画のために、アクションカメラを購入しました。

アクションカメラといえば、代表的なのがゴープロですよね。
でもゴープロは値段が高くて、1個4~5万円はしますよね。
なかなか気軽に買える値段ではありません。

最近は安い価格のアクションカメラも販売されています。
そこで、amazonで評判の高い激安アクションカメラを購入しました。

apemanのA66というモデルです。

値段は1個3,980円という、おもちゃのような価格です。
これだけ値段が安いと本当にちゃんと使えるのかどうが心配になりますよね。

そこで、画質や手ぶれ補正、防水機能などをチェックしてみました。

動画は1080pフルHDの30fpsで、120分の連続撮影が可能です。


スポンサーリンク

 

■apemanA66の特徴

これが今回購入した激安アクションカメラです。

apemanのA66というモデルです。

1080PのフルHD画質です。

激安だけに、パッケージはけっこう汚れていました。

開封してみると、いろんな付属品が出てきました。

かなり多くのアタッチメントが入っていますね。

結束バンドやワイヤーなども入っていました。

apemanアクションカメラは、アウトドアで使うことが想定されています。
スキーやスノーボード、ダイビング、サーフィンなど。

ループ録画機能や動体検知機能も搭載しているので、ドライブレコーダーとしても使用できます。

取り扱い説明書です。

中国製品ですが、日本語での説明もありました。

防水カバーを取り外します。

カメラ本体は手のひらサイズで小さく軽いです。

MicroSDカードは別売りで、32Gまで対応しています。

Class10以上のMicroSDカードがおすすめされています。

モニター画面はこんな感じです。

設定画面をみてみると、いろんな機能があることがわかりました。

電源を入れてOKボタンを押すと簡単に撮影開始ができます。

・画質をチェック

apemanで撮影した静止画がこちらです。

日付は撮影した日時とは異なります。

しっかり撮れていますね。

170度の広角レンズなので、至近距離でもかなりワイドに写ります。

・手ぶれ補正をチェック

今回はapemanアクションカメラA66を2個購入しました。

1個は手ぶれ補正なし、もう1個は手ぶれ補正ありで撮り比べをしてみました。

歩きながら撮影しているときはそんなに違いが分かりませんでした。
でも走って撮影すると、手ぶれ補正が効いているのがハッキリ分かりました。

手ぶれ補正機能はちゃんと使えるということが判明しました。

・防水機能をチェック

防水機能をチェックしていきましょう。
apemanは水深30メートルまでの防水に対応しています。

水を入れたボールの中にapemanを沈めていきます。

水中で撮影した画像がこちらです。

水中からでもしっかり撮影できました。

動画の場合、防水カバーをつけると音声がほとんど撮れません。
もし音声も撮りたい場合は、カバーのフタを穴あきのものに付け替えます。

こちらのカバーだとしっかり音声も撮れます。

でもこのカバーにすると防水ではなくなるので、水中撮影はできません。
自転車で走っているときの突然の雨対策にはちょうどいいですね。

・アタッチメント

付属のアタッチメントはたくさんあって本当にいろんな取り付けパターンができます。

カメラ本体だけでも三脚に取り付け可能です。

自撮り棒に設置すれば、アウトドアでの撮影で活躍してくれますね。

自転車のハンドルやフレームに装着するアタッチメントです。

ドライブレコーダーとして車に設置する場合は、シールで固定します。

バイクのヘルメットなどにシールで固定して使うのもいいですね。

■今回の記事のまとめ

激安アクションカメラのapemanA66。

3,980円とは思えないほどの機能を備えていました。

画質や防水、手ぶれ補正機能などのチェックもバッチリOK。
これはアウトドアシーンで大活躍してくれそうです。

これからどんどん使って面白い動画をたくさん撮っていこうと思います。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. エルゴトロンモニターアームの設置で気をつける3つの注意点とは!?…
  2. アイオーデータ液晶ディスプレイ購入で気を付けるべき3つのこと
  3. USBとイヤホンポートが付いたビジネスリュックの使い心地とは!?…
  4. 軽量コンパクトなダウン寝袋と安いキャンプマットで快適睡眠は可能?…
  5. エルゴトロンのモニターアームで苦戦!設置で困ったこととは?
  6. RX100M6の欠点とは!?ズームとピント速度やM3との違いを徹…
  7. エアホークプロの口コミ動画!自転車と浮輪と車に空気を注入する実験…
  8. エアホークプロは本当に電動空気入れとして便利に機能するのか?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP