アウトドア

キャンプ道具!テーブルとバーナーとクッカーとランタンと焚き火台

新しく始まったロードバイク・ツーリングキャンプ企画。
それに向けて、キャンプ用品を揃えています。

今回ご紹介するのは、料理のときに役立つ5つの道具です。

  1. テーブル
  2. ガスバーナー
  3. クッカーセット
  4. LEDランタン
  5. 焚き火台

どれもコンパクトで持ち運びに便利なものを選びました。
値段が安くて口コミでの評判が良いものを揃えました。

実際に使ってみた感想は、こちらの動画をご覧ください。

折りたたみ式アルミロールテーブル

キャンプストーブ

アルミクッカーセット

ポータブルLEDランタン

折りたたみ焚き火台


スポンサーリンク

 

■キャンプ道具のご紹介

1.テーブル

まずは、テーブルからご紹介していきます。
CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)の折りたたみ式アルミロールテーブルM-3713です。

軽くて、組み立て簡単!コンパクトサイズ。

  • 組み立てサイズ・・・幅400×奥行290×高さ120mm
  • 収納サイズ・・・幅70×奥行60×高さ400mm
  • 重量・・・700g

トレッキングに、ツーリングに、フィッシングに、お花見、行楽に

天板はロール式なので、コンパクトに収納できます。
天板には耐食、耐摩耗性に優れたアルマイト加工のアルミを使用。
キャリーバッグ付きで持ち運びに便利。

・組み立て方法


①平坦で安全な場所を選び天板を裏返し、脚部にセットされているバーを解除してください。
②解除したバーを、脚部ストッパーにセットしてください。
③脚部を左右に開いてテーブルを起こしてください。

注意事項

収納袋が付いているので、携帯に便利ですね。

キャンプやツーリングに行くとき荷物が邪魔になりません。

折りたたんだ状態がこんな感じです。

本当にコンパクトで小さいですね。
これがテーブルになるとは思えないほどのサイズです。

広げていきます。

脚のところにあるストッパーをセットします。

脚を上げればもう組み立てが完成、めっちゃ簡単です。

こちらがテーブルを広げた状態です。

見た目がかっこいいですね!

「CAPTAINSTAG」のロゴが入っています。

テーブルを組み立てた状態だと、幅が40cmになるので広々としています。

奥行きは29cmです。

お皿やコップが余裕で置けちゃいますね。

脚の高さ(地面から天板まで)は12cmです。

値段は1,491円と激安価格です。

キャプテンスタッグさんのキャンプ道具ってどれも安いですよね。
値段が安い割りには、見た目がとてもおしゃれで機能的です。

口コミでの人気も高くて、Amazonレビューでは星4.5と高評価です。

ソロキャンプでこれ使っている人多い理由が分かりますね。

2.ガスバーナー

次はガスバーナーのご紹介です。
キャンプやアウトドアで調理をするには、火が必要です。

今回購入したのは、MoonThingのキャンプストーブです。
OD缶とCB缶のどちらにも対応している、コンパクトな折りたたみ式シングルバーナーです。

手のひらサイズの小さい収納ボックスに入っていました。

取り出すとこんな感じで折りたたんだ状態で入っています。

  • 使用時サイズ・・・174×87mm
  • 収納サイズ・・・70×87mm
  • 重量・・・280g

ステンレス製の折りたたみブラケットを広げます。

圧電点火方式のスイッチが付いています。

ここを押すと点火するはずですが、イマイチうまく点火できませんでした。
チャッカマンで点火したほうが早かったですね。
なので、この機能は必要なかったかなと・・・。

このガスバーナーですが、OD缶とCB缶どちらでも使用できます。

OD缶は、キャンプやアウトドアに適した背の低いタイプのガス缶です。
屋外でも火力が強いのが特徴ですね。

OD缶の場合は、そのままガスバルブに取り付けて使用します。
セットすると一気に雰囲気が増してきますね。

調整スイッチを回すことで、ガスの強弱を調整できます。

CB缶は、家庭用のコンロなどで使用されているガス缶です。
スーパーやコンビニなどで安価に入手しやすいのが特徴で、屋内での使用に適しています。

CB缶に取り付ける場合は、専用のアダプターを装着して取り付けます。

説明書です。

ステンレス製のカバーと高温合金網の二重防風デザインで、10級強風でも安定して使えます。

高温合金網が蜂の巣のようなデザインになっていて、ガスがストーブ内に循環して通常よりも35%省エネできます。

3.クッカーセット

お次にご紹介するのは、おしゃれなクッカーセットです。
2~3人に適したアルミ調理器具ですね。

箱を開けると、メッシュの収納袋に入った状態で出てきました。

鍋、フライパン、ヤカンの3点セットです。

見た目がカワイイですね。
重量は3つで890gなので、とても軽いです。

・鍋


サイズ・・・直径16cm×高さ9cm
容量・・・2リットル

・フライパン


サイズ・・・直径17cm×高さ4.5cm

・ヤカン


サイズ・・・直径15cm×高さ8cm
容量・・・1.1リットル

オレンジ色の持ち手や取っ手の部分はシリコン素材が採用されています。
滑り止めと断熱効果があるので、安心して使用できますね。

キャンプを想定して、コーヒーをいれていましょう。

500mlくらいの水を入れたら、約4分ほどで沸騰しました。
熱伝導効果も良さそうですね。

キャンプした翌日の朝にモーニングコーヒーを飲んだら美味しいですよね。
キャンプやアウトドア、釣り、登山、BBQなど、いろんなシーンで使えそうですね。

これがあると料理も楽しくなりますね。

4.LEDランタン

次にご紹介するのは、LEDランタンです。

Raniacoの折りたたみ式携帯LEDランタンです。
防水仕様のテントライトですね。

これ、2個セットで2,000円という激安価格です。

Amazonでベストセラーの商品です。
口コミでの評判も良くて、総合評価が4.4と高評価です。

  • 収納時サイズ・・・直径8.5cm×高さ12cm
  • 使用時サイズ・・・直径8.5cm×高さ18cm

最新テクノロジーのCOB LEDが3個、360度の範囲で照らしてくれます。

ハンドルが付いているので、テントの天井にぶら下げて使用できます。

単3電池を3本使用します。

連続点灯時間は約10時間です。

パカっと開くとスイッチが入ってLEDが点灯します。

明るさは500ルーメン、かなり明るいですね。

2個点灯すると、まぶしいくらいに周囲が明るく照らされます。

防災グッズとしてもストックしておくといいですね。

5.焚き火台

最後にご紹介するのは、焚き火台です。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)の折りたたみ式焚き火台、バーベキューコンロUG-34。

カマドとスマートグリルの1台2役です。

B6サイズなので、とてもコンパクト。
重量は760gで、とても軽いです。
専用の収納袋も付いているので、持ち運びに便利ですね。

ゴトクと網がセットなので、煮炊きや焼き物など、いろいろ賢くスマートに使えます。

バイクやロードバイクのツーリング、お一人様ソロキャンプに最適です。
本体は錆びにくいステンレス製。

  • 組み立てサイズ・・・幅200×奥行125×高さ180mm
  • 収納サイズ・・・幅200×奥行125×厚さ35mm
  • バッグ収納サイズ・・・幅240×奥行180×厚み35mm
  • 網サイズ・・・163×108mm
  • 重量・・・760g

開封していきます。

セット内容・・・本体、灰受け、ゴトク、アミ、目皿、収納バッグ

収納バッグには、「CAPTAIN STAG」のロゴが入っています。

・組み立て

組み立てていきましょう。

まずは風防を立てます。

中央に受け皿をセットします。

受け皿の上に灰受けをセットします。

天井にゴトクをセットして完了です。

ゴトクの上に網を乗せると調理の幅が広がりますね。

クッカーセットのフライパンをのせてみました。

折りたたむとすごくコンパクトなので、一人用のソロキャンサイズにちょうどいいですね。

この2つのセットがあればいろんなキャンプ料理ができそうです。

どちらもコンパクトで軽量なので、ツーリングに重宝しそうです。

■今回の記事のまとめ

キャンプの調理シーンで役立つグッズを買い揃えました。
これだけあればアウトドアで楽しいクッキングができそうです。

やっぱりキャンプ用具って良いですね。
どれにしようか迷っているときから楽しいですし。

買ってからは早く使いたくてワクワクしてきます。
これからキャンプでどんどん活用していこうと思います。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. 【apemanA66】激安アクションカメラの画質と手ぶれ補正と防…
  2. キャプテンスタッグの激安ツーリングテントは快適なのか?!
  3. 初心者にオススメのキャンプ道具一式!揃えて自転車旅行に出かけよう…
  4. 自転車に激安アクションカメラapemanを取り付けて撮影できるか…
  5. 軽量コンパクトなダウン寝袋と安いキャンプマットで快適睡眠は可能?…
  6. 20万円のロードバイクで叶えたい夢とは!?イギリスから輸入したS…
  7. 自転車用リアサイドバッグをレビュー!ちゃんと取り付けできるかな?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP