ダイエット

優光泉の味を飲み比べ!断食に効果的な飲み方とベストな保存方法

多くの雑誌やメディアで紹介されて話題の優光泉。
完全無添加で作られた人気No.1の酵素ドリンクです。
ファスティング(プチ断食)の強い味方として飲まれています。

そんな優光泉ですが、いろんな飲み方があるんですね。

やっぱりダイエットって続けることが基本じゃないですか。
優光泉はいろんなバリエーションで飲み方を変えれるので飽きずに続けられるというメリットもあります。

そこで今回は、優光泉の飲み比べです!
どの飲み方が一番美味しいのか、実際に調査して検証してみることにしました。


スポンサーリンク

 

■優光泉の味と飲み方

・優光泉の味

優光泉にはスタンダード味と梅味の2種類が販売されています。
実際に飲んでみるとどちらもめっちゃ美味しいんですよ。

スタンダード味はフルーティで、ハチミツのようなまろやかな甘さがあります。
梅味は酸味があって、梅酒のようなさやわかな甘さです。
どちらもとろみのある液体です。

詳しくは、優光泉のレビュー記事をご覧ください

・基本的な飲み方

優光泉には、飲み方の決まりはありません。
優光線の小冊子にも、「美味しいと思える濃さに薄めてお飲みください」と書かれています。

水で4倍~6倍に薄めて飲むのが基本みたいですね。

水で割って飲んでも美味しいのですが、さすがに毎日となるとやっぱり飽きてきますよね。
断食ダイエットを続けるためには、バリエーションを変えていく必要があります。

小冊子にも、おすすめの飲み方がいつくか掲載されていました。
どの飲み方が一番美味しいのか、飲み比べしていきましょう!

■優光泉の飲み比べ

今回飲み比べしたのは5パターンです。

  1. レモン水
  2. ソーダ水
  3. ヨーグルト
  4. 紅茶
  5. コーヒー

これだけバリエーション豊富だと、毎日続けても飽きないですよね。

・レモン水

まずはレモン水から飲んでみます。
レモンスライスを水に付けたレモネードに混ぜて飲みます。

優光泉が甘味料の代わりとなって、ほんのりフルーティーな甘さが加わって美味しかったです。

・ソーダ水

ソーダ水で割るのは他の酵素ドリンクでも定番ですよね。
炭酸がお腹の中で膨れるので、断食をしている人にも嬉しい効果があります。

炭酸水には二酸化炭素が含まれています。
血液の二酸化炭素濃度が高まると、体は酸素濃度を高めようとして血流量を増やします。
これによって血行が促進されるんですね。
冷え性改善効果や老廃物の排泄、疲労回復なんかにも効果的みたいです。

ソーダ水にレモンと優光泉を入れても美味しいですね。

・ヨーグルト

ヨーグルトも他の酵素ドリンクで定番のスタイルですよね。

小冊子でおすすめされていたのは、フルーツヨーグルトです。
無糖のヨーグルトに果物を入れて、そこに優光泉を入れる食べ方です。

実際に食べてみると、ほんのり甘くて美味しいヨーグルトになりました。
断食している人は、このフルーツヨーグルトを一食分として置き換えするとかなり満足感があると思います。

・ホットドリンク

寒い冬はホットで飲むのもおすすめと小冊子に書かれていました。
ホットコーヒーや紅茶に砂糖の代わりとして、優光泉を甘味料として入れるんですね。

実際に飲んでみると、コーヒーや紅茶にまろやかな甘さが加わりました。
とてもマイルドな味わいになりましたよ。

ホットドリンクで割るというのは、他の酵素ドリンクではあまり聞かないですね。
それもそのはず、酵素ドリンクに含まれる酵母菌は熱に弱いんです。
約70℃以上の温度になると死んでしまうんですね。

それに対して優光泉に含まれる酵母菌は、70℃以上の高温にも耐えることができるように培養されています。
耐熱酵母菌なので、ホットで飲んでも酵母菌を生きたままの状態で摂取できるということです。
なるほど、これも優光泉の人気の理由のひとつですね!

以上、5パターンで飲み比べしてみました。
結果は、どれもそれぞれに美味しいってことです。

個人的には、定番のソーダ割りが一番美味しかったです♪

優光泉を定期コースで注文すると、「蛍の郷の天然水」というソーダ水が1本プレゼントでもらえます。
失敗しない優光泉の一番お得な買い方はこちらをご覧ください。

■断食道場がおすすめする飲み方

・断食効果の高い飲み方

酵素ドリンクは、たくさん飲めば飲むほど効果を発揮してくれます。
でも一番良いのは、空腹時に飲むことです。
空腹時に飲むと酵素の吸収がよくなるので、お腹が空きそうになったらどんどん飲みましょう。

優光泉を1食分として置き換えるプチ断食をすると、より効果的です。
朝食か夕食を置き換えると半日は断食する状態になり、内蔵を休ませることができます。

・断食後も続けて飲む

優光泉は、基本的にいつ飲んでも大丈夫です。

でも1食分置き換えた場合は、次に食事する前に必ず飲むことが推奨されています。
飢餓状態でそのまま食事をすると、つい食べすぎてしまう恐れがあるからですね。
食べ過ぎを防ぐためにも、その前に酵素ドリンクでお腹の中を満たしておくことが大事です。

食事をするときは、最初の1口目は必ず30回以上噛んで食べることを心がけてください。

・塩分補給

プチ断食などで食事を抜くと、塩分が不足しがちの状態になります。
塩分が不足すると、頭痛がしたり、眠気に襲われたりします。

梅干しや塩、味噌汁などで必ず塩分を補給することをお忘れなく。

■妊娠中でも飲んで大丈夫?

妊娠中でも優光泉は飲んで大丈夫なのか?
妊婦さんは何かと食べるものに気を使いますよね。

妊娠中は体質が変わりやすくて、貧血になったり体がむくんだり、便秘になりがちです。
お腹の中の赤ちゃんの分までと、つい食べすぎてしまって体重が増えてしまったり・・・
体調を崩しやすい時期でもあります。

そんなときでも、優光泉は安心して飲むことができます。
優光泉は完全無添加の酵素ドリンクです。
栄養補給はもちろん、腸内環境を整えてくれたり、デトックス効果をもたらしてくれるんですね。

妊活中や妊娠中、さらには出産後の体調管理にも最適です。
授乳期でも安心して優光泉を飲むことができます。

■糖質制限や糖尿病は大丈夫?

優光泉を飲んでみると、けっこう甘みがあります。
なので、糖質制限や糖尿病などで心配される方もいると思います。

でも、優光泉の甘さは野菜の甘みが濃縮されたものです。
純粋や野菜や果物、海藻、野草などの甘さなので単糖類の糖質とは別物です。
糖質制限の対象にはならない甘さです。

糖尿病や高血圧の人の甘味料として使用した場合でも、血糖値に悪影響を及ぼすことはありません。

■花粉症でも大丈夫?

優光泉には、松葉や杉葉、桧葉、松樹液、杉樹液などが成分として含まれています。
そのため、花粉症の方は何かしら影響があるのではないかと心配になりますよね。

でも、優光泉に含まれている樹液はエキスなので、花粉症には影響ありません。
また、アレルギーなどに関しても影響することはあません。

優光泉酵素はしっかりと熟成発酵された酵素製品なので、原材料の成分そのものとは別物になっています。

・花粉症対策として効果的

花粉症は花粉というタンパク質を分解する体内酵素が不足して発症すると言われています。
なので、優光泉を飲んで体内酵素を増やすことで花粉症の予防にもつながるんですね。

小冊子でおすすめされていたのは、大根おろしを絞ってその汁を優光泉と一緒に飲む方法です。
おちょこ一杯程度の量を1日1回、症状がひどい場合は1日2回飲むのが良いそうです。

■優光泉の保管方法

優光泉酵素は生きた酵母菌の入った発酵食品です。
未開封の状態でも、開封したあとでも、冷蔵庫に保管する必要はありません。

生きている酵母菌は常温で保存したほうが熟成発酵が進みやすいんですね。
酵母菌は増えれば増えるほど、より良い状態の酵素ドリンクになります。

優光泉を購入すると、付け替え用の緑のキャップが付いてきます。
緑のキャップの中央には小さな穴が空いています。
この穴は、酵母菌が呼吸するための穴なんですね。

■今回の記事のまとめ

さて、優光泉を飲み比べしてみましたが、結果的にはどれも美味しかったです。
寒い冬でもホットで飲めるのが良いですね。
コーヒーとか紅茶に入れて飲めば、心も体もリラックスできそうです。

でもやっぱり、個人的に一番美味しかったのは炭酸水ですけど。

みなさんも優光泉で美味しく飽きずにダイエットしてくださいね!

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. 踏み台昇降運動器具として人気のフミッパーって本当に効果あるの?!…
  2. 優光泉は大根の味がするって本当!?定期購入して分かった衝撃の真相…
  3. 【3ヶ月で成功?!】置き換え方法の酵素ダイエットを始めます!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP