ぶらり散歩

はとバス6|東京ドイツ村のイルミネーションは必見!

今回のはとバス日帰りツアーの最後の目的地は、東京ドイツ村です。
関東三大イルミネーションに認定されたところです。

千葉県袖ヶ浦市にある、花と緑のテーマパーク。

ウィンターイルミネーションで300万球の灯りが点灯。
広い敷地にキラキラ輝くネオンの光は圧巻でした。
もうね、ここまでくると光の芸術って感じですよね。


スポンサーリンク

 

■東京ドイツ村

今回のはと日帰りバスツアーの最終目的地です。
東京ドイツ村では、80分のイルミネーション見学でした。

最初は正直言ってそこまで期待していませんでした。
でもね、実際に見ると壮大な光の演出にもうめっちゃ感動しました。
さすが、関東三大イルミネーションに認定されているだけのことはありますね。

東京ドイツ村は、ドイツの田園風景をイメージして作られました。
東京ドーム33個分の広さがある広大な敷地のテーマパークです。

駐車場でバスを降りると、ピンクの建物が見えてきました。

お土産売り場がある建物ですね。

到着した頃はまだ夕方で、辺りは明るかったです。

・お土産売り場

お土産売り場では、千葉の名産品やドイツの名産品が販売されていました。
豆絞り、びわプリン、びわゼリー、落花生など

パン工房もありました。

・イルミネーション

日が暮れてくると、イルミネーションが点灯しました。

イルミネーションの点灯時間は、日没から20:00までとなっています。
ウィンターイルミネーションの期間は、2017年11月1日~2018年4月8日まで。

この日は、18時点灯予定だったそうですが、10分前に点灯しました。

イルミネーションが点灯すると、一気に歓声が沸き起こりました。
建物や周囲が色とりどりにライトアップされて、一気に華やかになりました。

もう本当に、この瞬間はめっちゃ感動しますよ!
まるでメルヘンの世界に入り込んできたかのような感覚になります。

撮影スポットもたくさんありました。

レストランにはキャラクターのイルミネーションが点灯して踊りだしました。

光と音のショーは点灯開始から15分おきに行われます。
光だけでも凄いのに、音が加わるとより一層雰囲気が増します。

バニラの香りがするシャボン玉です。

イルミネーションは建物だけではありません。
地面にもたくさんの電球が仕込まれていました。

しかも、この電球がめっちゃ大きな絵画になっているんですね。

本当に幻想的な雰囲気ですね。

イルミネーションエリアから少し離れて見ると、だんだん絵が見えてきました。

光の地上絵です。

ペガサスが馬車を引きながら空を飛んでいますね。

芝桜の丘を登ると、見晴らし台があります。
見晴らし台の案内板もイルミネーションです。

見晴らし台の上から見ると、このようにくっきりと光の地上絵が見れました。

ここまでの壮大なイルミネーションの演出を見たのは初めてです。

口コミでの評判が高いのも分かりますね。
一度見たら、絶対に他の人にもおすすめしたくなりますよ。

・月の谷

次は、釣り堀のほうへ降りていきます。

こちらには「月の谷」という、また違ったイルミネーションエリアがありました。

降りていく途中は静かな雰囲気でした。

でも、道を下っていくと徐々にイルミネーションが増えていきました。
星のようなものが見えてきましたね。

月の谷だけあって、ウサギが餅つきをしています。

そして、下まで降りてくると月面着陸の絵が描かれているのが見えました。

宇宙服を来た人や月の探査機、ロケットや地球などが描かれていました。

イルミネーションで作られたロケットもありました。

こちらのエリアも見応えがありました。

・3Dイルミ

こちらは、芝生広場に浮き上がる3Dイルミネーションです。

フラミンゴや白鳥、キノコ、モアイ像など、光の立体オブジェが展示されていました。

・カート

「わっふるえき」というメルヘンカート乗り場があります。

ここで、キラキラ光るカートに乗ることもできます。
イルミネーションエリアをグルッと一周回りながら走行するカートです。

1週450mのコースですね。
時間は6分で、料金は1台2,000円です。
1台に5名まで乗ることができます。

・観覧車の前

観覧車の手前には、「そば処春菜」という蕎麦屋さんもありました。

こちらはブレーメンの音楽隊の演出ですね。

虹のトンネルもありましたよ。

・マルクトプラッツ

お土産売り場やレストランなどがある建物です。

夜になると、ピカピカ眩しいほどにライトアップされます。

バウムクーヘン専門店もあります。

こちらはレストランカフェテリアですね。

バーベキューもできるみたいです。

営業時間は10:00~19:50、オーダーストップが19:30です。

■東京ドイツ村の詳細について

・アクセス

〒299-0204
千葉県袖ヶ浦市永吉419

館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」より約3km、車で約5分です。

・バスで行く場合

JR千葉駅から高速バス「カピーナ号」も出ています。
東京や神奈川から行く場合は、新宿・品川・横浜・川崎からアクラライン高速バスに乗ります。
袖ヶ浦バスターミナルにて、路線バス「東京ドイツ村行き」に乗り換えます。

・電車で行く場合

電車で袖ヶ浦駅まで行って、路線バス「東京ドイツ村行き」に乗ります。

・料金

・冬季期間の料金

車で来園する場合、車1台につき2,500円です。
駐車料金のみで入園することができます。

公共交通機関や徒歩で行く場合、500円です。

・冬季以外の料金
  • 一般・・・大人800円、小人(4歳~小学生)400円
  • 障害者・・・大人400円、小人200円
・団体割引
  • 団体・・・大人600円、小人200円(20名以上の予約)
  • 高齢者施設・・・400円
  • 学校行事・・・大人400円、小人200円
・年間パスポート
  • 入園パスポート(入園のみ)・・・大人4,000円、小人3,000円、シニア(65歳以上)3,500円
  • ALLパスポート(入園+アトラクション)・・・大人8,000円、小人6,000円、シニア7,000円

■今回の記事のまとめ

東京ドイツ村のイルミネーションは圧巻でした。

本当におすすめできるスポットです。
まさに光の芸術って感じがしましたね。
バスツアーの最後でめっちゃテンション上がりましたよ!

お土産で、ドイツのソーセージも買いました。

今度はバスツアーじゃなくて、個人的に来てゆっくり満喫したいと思いました。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. 東京ディズニーシー観光レポート1|ワンデイパスポートをゲット
  2. 築地市場ぶらり散歩!波除神社を参拝して牡蠣や卵焼きを食べ歩き
  3. 東京ディズニーシー観光レポート2|リトルマーメイドの海底王国へ
  4. 札幌観光8|氷濤まつり40回記念イベント支笏湖青の祭り
  5. 江ノ島神社と展望灯台シーキャンドルの正しい観光の楽しみ方!
  6. 東京ディズニーシーその5|願いが叶うゴンドラに乗って夜景を満喫
  7. 東京ディズニーシーその6|花火を見てトイ・ストーリー・マニアでエ…
  8. アジサイと縁結びのお寺で有名な成就院からの眺望は圧巻でした!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP