ぶらり散歩

初心者にオススメのキャンプ道具一式!揃えて自転車旅行に出かけよう

キャンプをスタートするなら、道具を集めますよね?
でも、何から揃えたらいいか迷ってしまいますし、どこで買っていいかもわかりません。

実際の店舗にも足を運んでみましたが、メーカーものが多くお値段もそれなりに張るので、インターネットで検索しながら選ぶことにしました。


スポンサーリンク

 

選んだもの7選

  1. キャプテンスタッグの軽量ツーリングテント二人用
  2. 寝袋(シュラフ)&キャンプマット
  3. テーブル
  4. ストーブ(ガスバーナー)
  5. クッカー
  6. ランタン
  7. 焚火台(かまど)

キャプテンスタッグの軽量ツーリングテント二人用

【テント】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)リベロ ツーリングテントUV M-3119
ドーム型2人用 防水バイク・自転車積載 軽量・コンパクト設計 バッグ付き

詳しいテント動画レビューは下からどうぞ。

テントは必須なアイテムですが、ツーリングなので軽量のものが良かったです。
最初は、ミノムシっぽいものでコンパクトなものを見ていました。
こんな感じです。

ですが、入り口が35cmなので、雨の日や夜過ごす場所としては狭すぎるという結論に。
そこで、同じような価格帯ですが、2人用の軽量ツーリングを発見!!
キャプテンスタッグNo.M-3119リベロツーリングテントUVです。

特徴は、4つありました。
・ベンチレーション採用の通気性が高い設計
・シームレス加工
・荷室を前後に装備
・便利な収納バック付き

実際に届くと、青がきれいな素敵なテントでした。
詳細レビューはこちらの記事からどうぞ。

寝袋(シュラフ)&キャンプマット

今度は、寝る時に必須の寝袋(シュラフ)と下に敷くキャンプマットです。
こちらもアマゾン口コミなども参考にしながら、選んでみました。

寝袋(シュラフ)&キャンプマットの詳しい動画レビューはこちらからどうぞ。

キャンプマットは、折り畳みのものを選びました。
その方がコンパクトなのと、パッキングをするのに便利なのではないかと思ったからです。
実際に届いてみると、軽くてコンパクト。しかも寝てみるとクッション性がしっかりしていました。

また、寝袋は、AUQUSHシュラフ 高級ダウン寝袋 封筒型です。
グレーとオレンジのカラーでした。
アウトドアに使えて、丸洗いOKで収納袋付きです。
最低使用温度も0度なので、夏から始めるには丁度いいと思います。
重さも1.6kgなので、軽いですね。

寝袋(シュラフ)&キャンプマット詳細レビュー記事はこちらからどうぞ。

テーブル・ストーブ・クッカー・ランタン・焚火台

【テーブル】CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)の折りたたみ式アルミロールテーブルM-3713
テーブルは、食事を作るのにも食事を乗せるにも何かと便利ですよね。
でも、軽くてコンパクトになるものが良かったです。
こちらもキャプテンスタッグの折りたたみ式アルミローテーブルにしました。

テーブルの詳しい動画はこちらからどうぞ。

収納もできるキャリーバック付きです。
サイズも400×290×120で、しっかりしたサイズがあり、耐荷重も30㎏なので安心です。
また、重量は700gと軽いので、自転車に積んでいくのも楽ちんそうですね。

ストーブ

【ストーブ(ガスバーナー)】MoonThingのキャンプストーブ
このガスバーナーはAmazonの口コミでも高評価でした。
特に、コンパクトなだけでなく、OD缶とCB缶のどちらにも対応しているので、とても便利です。
手の平に乗るサイズ(7cm)ですが、広げると直径が17.4cmにまで大きくなるので、大き目のクッカーもしっかりと乗せることが出来そうです。
また、重量も280gと軽い設計です。

ストーブ(ガスバーナー)の詳しい動画はこちらから。

届いたものはチャッカマンが必要でしたが、チャッカマンがなくても付くという口コミがあったので、多少個体差があるのかもしれません。

クッカー3点セット

メッシュの専用収納袋が付いた3点セットのクッカーです。
鍋(2L)、フライパン(直径17cm)、ヤカン(1.1L)と大きな容量があります。
しかも、3点合わせて890g!フタもあるので、調理に便利です。

クッカーの詳しいレビュー動画はこちらからどうぞ。

実際にヤカンとストーブでお湯を沸かして、コーヒーを入れてみました。
4分ほどでお湯も沸き、美味しくいれることが出来ました♪
実際に自然の中で飲めるのが楽しみになります。

ランタン

【ランタン】Raniacoの折りたたみ式携帯LEDランタン

こちらは、2個セット。2つで、2,000円とお手頃ですし、連続点灯時間は10時間です。
単三電池3つです。Amazonの口コミでも高評価でした。

置いても、ぶら下げても使えるので便利ですね。
しかも防水仕様なので水も安心です。
360度明るく照らしてくれます。

ランタンの詳しい動画レビューはこちらからどうぞ。

焚火台(かまど)

【焚火台】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)の折りたたみ式焚き火台、バーベキューコンロUG-34

焚火台の詳しい動画レビューはこちらからどうぞ。

一人用に丁度いいサイズです。
B6サイズで、760gなので、とてもコンパクト&軽量です。
そして、収納袋も付いていました。組み立てるのに、ネジなどはいらないので、簡単に組み立てることが出来ます♪

テーブル・ストーブ・クッカー・ランタン・焚火台の詳細記事はこちらからどうぞ。

動画視聴者bike suki oyajiさんからのアドバイス

動画をご覧いただいて、アドバイスをしてくださいました!
キャンプの先輩のアドバイスは貴重で嬉しいです♪

今回、選ばなかった装備以外での便利グッツを紹介してくださいました。
・ヘッドライト
・ウエットティッシュ・キッチンペーパー・ビニール袋
・水入れタンク
・炭入れ用火消し壺
・焚火用トング

どれもあったらキャンプが快適になる道具だと思いました。
キャンプに行くときは、参考にさせて頂きます!

最後のまとめ

キャンプに必要なグッズを買いそろえたので、楽しいキャンプデビューができそうですね。実際にロードバイクに積み込んで、使ってみることで使用感などもわかると思います。

初心者なりに、良いものを揃えたつもりですが、徐々にステップアップして行きたいです。
今からキャンプで使うのとっても楽しみです!(^^♪

投稿者プロフィール

カタリストれいな
カタリストれいな
みるみるランドの副編集長のカタリストれいな(catalyst Reina)です。お散歩が大好き。食べること、作ること、楽しむがことが大好きなので、みんなと”楽しい”をシェアできたら幸せです。よろしくお願いします。

関連記事

  1. サザンビーチにある茅ヶ崎サザンC|夕暮れ時の湘南ドライブ
  2. 札幌観光6|札幌らーめん共和国で王道の味噌味を堪能
  3. 自転車用リアサイドバッグをレビュー!ちゃんと取り付けできるかな?…
  4. 築地市場ぶらり散歩!波除神社を参拝して牡蠣や卵焼きを食べ歩き
  5. 自転車に激安アクションカメラapemanを取り付けて撮影できるか…
  6. 名古屋駅からレゴランドジャパンまでのアクセス方法を動画で解説
  7. 和田塚駅の名前の由来となった和田一族の歴史と六地蔵の謎を解明!
  8. 江ノ島神社と展望灯台シーキャンドルの正しい観光の楽しみ方!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP