アウトドア

自転車に激安アクションカメラapemanを取り付けて撮影できるか実験

ロードバイクツーリングキャンプに向けて、いろいろアイテムを揃えています。

今回は、自転車走行時の動画撮影のために使う機材の準備です。

激安アクションカメラapemanを使って動画撮影する予定です。
自転車に取り付けてちゃんと撮影できるか実験してみました。

付属のアタッチメントがたくさんありすぎて、どれを付けようか迷いましたが・・・。
なんとか取り付けることができました。

動画のほうはどんな感じで撮影できているでしょうか。


スポンサーリンク

 

■激安アクションカメラapeman

今回のロードバイクツーリングキャンプに向けて、激安アクションカメラを購入しました。
apeman(エイプマン)のA66というモデルです。

フルHDの高画質に30メートル防水、170度広角レンズ。
この性能で価格が3,219円という、まさに激安アクションカメラです。

しかも、付属品がたくさん入っているんですね。
Amazonの口コミレビュー評価も高くて、ベストセラー商品です。

apemanA66の詳しいレビューはこちらをご覧ください。


 

自転車への取付

では、apemanを自転車に取り付けていきましょう。

自転車のハンドルやフレームに装着できる自転車マウントを付けてみました。

でも、ハンドルが太くてうまくハマりませんでした。
そこで、中のゴムを外して装着したらなんとか取り付けることができました。

ここでカメラの角度調整ができます。

ネジをくるくる回して、激安アクションカメラapamenを取り付けます。

はい、このように自転車のハンドルにアクションカメラを装着できました。

自分の顔を自撮りしながら自転車で走行できるようにしてみました。

実際に自転車を走らせて動画を録画してみました。

動画を確認してみると、しっかりと撮影できていました。

撮影した時間がちょうどお昼どきということもあり、太陽は真上にありました。
自転車のハンドル位置から自分の顔を自撮りすると、カメラが上向きになります。
そのため、逆光になって画面はちょっと暗かったです。

この辺はこれから改良していきたいところですね。

■今回の記事のまとめ

激安アクションカメラでもしっかりと動画の撮影ができました。
この程度の画質とクオリティなら全然問題はなさそうです。

ロードバイクのツーリングキャンプに向けて、またひとつ楽しみが増えました。

さらに細かく取り付け位置や角度を調整しながらキャンプに備えたいと思います。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。

関連記事

  1. 超快適!ケーブルボックス&ルーター収納ボックスで配線スッキリ
  2. USBとイヤホンポートが付いたビジネスリュックの使い心地とは!?…
  3. CISCO(シスコ)のダイニングテーブルセット・ヴィンテージタイ…
  4. MICOEの全自動フタ開閉センサー式ゴミ箱は本当に快適なのか!?…
  5. 肩もみ機ランキング上位のスライブ|安い値段で購入する裏技とは!?…
  6. 自転車用リアサイドバッグをレビュー!ちゃんと取り付けできるかな?…
  7. 木製の突っ張りパーテーションで部屋をおしゃれにDIY!
  8. 初心者にオススメのキャンプ道具一式!揃えて自転車旅行に出かけよう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP