アウトドア

サーモライトのインナーシュラフLitumeのマミー型巾着フード付きをレビュー

秋が深まってくるとだんだん寒くなってきますね。
とくに屋外での気温の低下は著しく季節の変化を実感します。

季節ごとの衣替えがあるように、キャンプや車中泊などのアウトドアの過ごし方もガラリと変わってきます。
服装はみなさん誰でも季節に合ったものを選びますよね。

ところが、寝具は意外と忘れがちです。

寝袋1つあれば良いという問題ではありません。
夜になると気温は一気に下がりますから。
とくに冬場だと、寒くて眠れないという最悪の状況を招くことも往々にあります。

ってことで、今後の車中泊やキャンプに備えて毛布でも買っておこうと思いました。「

でもね、毛布ってけっこう荷物になるじゃないですか。
折りたたんでもかなりの大きさありますよね。

そんなときに見つけたのが、今回ご紹介するインナーシュラフです。


スポンサーリンク

 

■Litumeのサーモライトインナーシュラフ

こちらがLitume(リツメ)のインナーシュラフです。

ブルーと黒の収納袋に入っています。
この状態だとめっちゃコンパクトです。

サーモライト生地のインナーシュラフです。

サーモライトというのは、中空のポリエステル素材です。
軽量でも酷使に耐え、高い断熱性と保湿性、給水・速乾性に優れた素材です。
ストレッチ性もあって、よく伸びるのが特徴です。

お手入れ方法は、普通の洗濯機で丸洗いできるから清潔に使えます。
漂白剤や柔軟剤はNGで、アイロンもNGです。

Litumeの挨拶カードもありました。

重量が520gなので、とても軽いです。

持ち運びしやすいストラップも付いています。

それでは、中身を出していきましょう。

めっちゃ肌触りが良いです。

生地の表面はしっとりした触り心地です。

広げてみるとこんな感じです。

サイズは215×80cmです。
かなり大柄な人でも使えます。

夏場はこれ単体でも使用できます。

引っ張るとかなり伸びます。

頭の先まですっぽり覆いかぶさることができます。

寝袋だけの状態とインナーシュラフを入れた状態で温度の変化を実験してみましょう。

まずは普通の寝袋だけの状態で10分ほど寝てみました。
温度を測ってみると、24℃でした。

次にインナーシュラフを入れて10分ほど寝てみました。
温度を測ってみると、27℃に上昇していました。

体感的にはもっと暖かく感じましたよ。
これから秋、冬、春にかけて、キャンプや車中泊で活躍してくれそうです。

■今回の記事のまとめ

秋から冬、春先にかけての屋外はかなり冷えます。

キャンプとか車中泊に慣れていない人は要注意です。
しっかりと防寒対策をしていく必要があります。

寒さで寝れないと、せっかくの楽しい思い出も台無しになってしまいますからね。

投稿者プロフィール

みんなのヒーローゆうき
みんなのヒーローゆうき
みるみるランドの編集長、みんなのヒーローゆうきです。
1974年2月4日生まれ、水瓶座のO型
毎日楽しいことをやって、自由に気ままに、明るく楽しい人生を送っています♪
みるみるランドでは、世の中に溢れている楽しいことを動画やWEBで配信していきたいと思います。
応援よろしくお願いします。
⇒詳しいプロフィールはこちら

関連記事

  1. モーラナイフ|コンパニオンヘビーデューティーステンレスをレビュー…
  2. キャプテンスタッグの激安ツーリングテントは快適なのか?!
  3. エブリイバンにカット済みカーフィルムをDIYで貼り付け
  4. 自転車に激安アクションカメラapemanを取り付けて撮影できるか…
  5. 家庭用綿菓子製造機ジャンボわたあめ屋さんでアレンジレシピに挑戦
  6. 12インチのミラー型ドライブレコーダーをエブリイバンに取り付け!…
  7. USBポート付きのデュアルモニターアームを取り付け|Loctek…
  8. キャンプのお供に最適|ハンディーコーヒーミルとコーヒードリッパー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP