アウトドア

【-34℃まで対応】ベアーズロックのマミー型寝袋で冬の車中泊に挑戦!

冬の車中泊やキャンプって、めっちゃ寒いですよね。

とくに夜、寝る時が問題になります。

通常の気温の低さに加えて、底冷えもありますからね。
冷気が地面からジンジンと身体に伝わってきます。

薄い寝袋だと寒くて寝れない。
ブルブル震えながら一夜を過ごすことになります。
翌朝は寝不足で身体が凝り固まってとんでもない疲労感に襲われる。

だから防寒対策をバッチリしておく必要があります。

みるみるランドでは、これまでに3点を愛用していました。

  • 冬用の寝袋
  • 山善洗えるどこでもカーペット(電気毛布)
  • ニトリの毛布(Nウォーム)

冬用寝袋は、3シーズン用に比べて温かいです。
でも、気温が1桁台になるとさすがに寒い。
これだけでは寒くて寝れません。
⇒冬用寝袋の詳細はこちら

そこで、山善の洗えるどこでもカーペットを下に敷きます。
これは消費電力も低くて、温度調整も可能でとても温かいです。
もちろん、下からの冷気をバッチリ防いでくれます。
⇒山善洗えるどこでもカーペットの詳細はこちら

小型のポータブル電源でも一晩もちます。
さらにニトリのNウォームという毛布を上にかけると最高。
氷点下になっても、ポカポカ快適に眠ることができます。
⇒ニトリのNウォームの詳細はこちら

でも、やっぱり荷物がかさばるのが欠点。
1人ならまだしも、これが2人分となるとけっこうな荷物になります。

そこで、寝袋だけでも温かく寝れるものはないかといろいろ探してみました。

マイナス20℃くらいまで耐えられる冬用の寝袋って限られてきます。

一番有名なのがNANGAのオーロラシリーズですかね。
めっちゃ暖かそうなんですが、でも値段が高い。
6~7万円します。

寝袋にそこまでの値段はちょっとなぁ・・・。
 

他に候補であがってきたのが、カリンシアのディフェンス4とかディフェンス6。
軍用としても使われた見た目がワイルドでカッコ良い寝袋。
実用性も高そうです。

去年まではお手頃価格だったようですが、今は値段が上がって3~4万円します。
NANGAに比べたら安いですけど、もう一声!
 

ってことで、たどり着いたのがベアーズロックでした。

ベアーズロックの冬用寝袋は、使用限界温度が-34℃!
それでいて、お値段が14,000円というリーズナブルなお手頃価格。

さっそく購入して使ってみました。

⇒ベアーズロックのマミー型寝袋の詳細はこちら

■ベアーズロックのマミー型寝袋を開封

商品が届いたときにびっくりしました。

めっちゃ大きなダンボールで届きました。

箱を開けてみると、中には大きな寝袋が入っていました。

よく箱だけ大きくて、中はスカスカなんてこともありますが、こちらは違いました。
中身もパンパンに入っていたんです。

めっちゃ大きな寝袋です。

収納するときに使うベルトが2本入っていました。

カラビナ付きのLEDライトもプレゼントで入っていました。

こちらは取扱説明書ですね。
寝袋の特徴や性能などが詳しく書かれていました。

収納方法についても図解で分かりやすく書かれています。

こちらは足元あったかフリースです。

プレゼントがいろいろ充実しているのもGOODポイントですね!

寝袋を広げてみました。

とても肉厚で大きいです。

色はシルキーブラウンを選びました。
良い色ですね。

特徴はセンタージップなので、寝袋の中に入りやすいことです。
左手でも右手でもどちらでも開け閉めしやすい。

上と下、外と中のそれぞれにファスナーが付いています。
途中で噛むこともなく、スムーズに開閉できました。

ドラフトフードで首や顔や頭まですっぽり覆って温めてくれます。

両手を両足を出して温度調整も可能です。

立って歩くこともできるので、普通に生活できますね。

外側の生地は摩耗や裂けに強くて耐久性の高い300Tポリエステル。

内側の生地は吸水性に優れたPGポリエステルで蒸れにくい。

中綿は3Dファイバー製中空化学繊維でシワ・型崩れしにくい。
乾きやすいので虫やカビの被害もほとんどなく扱いやすいのが特徴です。

寝袋の中に入ってみると、めっちゃ暖かいです。
常夏気分を味わえます。

使用限界温度は-34℃ですが、これはギリギリ耐えられる温度です。

快適睡眠温度域は、12℃~-12℃です。

収納したときのサイズは大きいですが、外側のヒモを引っ張ると縮めることができます。
縮めてもけっこう大きいですけどね。

電気毛布や毛布を持っていくのに比べたら、この寝袋だけで済むのはGOODですよね。

⇒ベアーズロックのマミー型寝袋の詳細はこちら

■標高1,100mの道の駅みとみで車中泊

山梨県にある道の駅みとみで車中泊してきました。

標高1,100mの場所にある道の駅です。

夜の22時で気温が1.7℃でした。
かなり寒いです。

エブリイの車内にベアーズロックの寝袋をセットしました。

実際に寝てみると、めっちゃ暖かい!
電気毛布とか毛布がなくても、これだけで全然平気!

寒さで起きることもなく、朝まで快適に熟睡できました。

もう冬の車中泊やキャンプも怖くないですね。

最強のアイテムを手に入れることができました。

⇒ベアーズロックのマミー型寝袋の詳細はこちら

関連記事

  1. 吸盤不要のサンシェードをエブリイバンに装着!Levolva(レヴ…
  2. ちょこっと家電で1人鍋!ポータブル電源パワーアーク2で動くかな?…
  3. ポータブル電源のパワーアーク2とソーラーパネル充電器をレビュー
  4. エスビットのポケットストーブで固形燃料を使って炊飯にチャレンジ!…
  5. キャプテンスタッグのキャンプアウトV型ファイアグリルをレビュー
  6. エブリイ専用カーメイトの増設電源ユニット灰皿差し替えタイプ
  7. 耐荷重320キロの丈夫で頑丈なアウトドア用収納ボックス|リングス…
  8. 常時監視と超広角3カメラ搭載のミラー型ドラレコ|ミラーカムPRO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP