アウトドア

暖房器具と調理器具1台2役のポータブルガスストーブで冬の車中泊を体験

冬の車中泊といえば、寒さ問題がありますね。

FFヒーターとか付いているキャンピングカーは良いですけど。
ヒーターがないと車内はめっちゃ寒い!

道の駅とかオートキャンプ場とかでは、エンジンかけっぱなしにしておけないですからね。

そこで必要になってくるのが暖房器具。

みるみるランドでは、これまで冬の車中泊はこたつを使ってきました。

コンパクトサイズのこたつ。
脚が折れるタイプだから使わないときはスリムに収納できます。

⇒車中泊で使えるこたつの詳細はこちら

これはこれで良いのですが、こたつは電気の問題が出てきます。

消費電力が130Wなので、10時間使うと1300Wになります。
けっこう容量の大きなバッテリーが必要になるんですよね。

1000W以上のポータブル電源ってけっこう大きくて重いじゃないですか。

もっと手軽に暖をとる方法はないか・・・。

そこで行き着いたのが、コンパクトなポータブルガスストーブです。

一番有名なのは、イワタニのマイ暖です。

でもマイ暖ってお値段が1万円以上します。
しかも、暖を取るだけで調理はできない。

他にもいろいろ探してみたところ、ちょうどいいのを見つけました。

1台2役のポータブルガスストーブ

こちらのポータブルガスストーブです。

海外のメーカーらしく、箱に記載されている文字は全て英語です。

製品の仕様も全部英語なので、何が書かれているのか不明。

サイズと重量は数字で分かりました。
サイズ:275×275×180mm
重量:1825g
暖房出力は1.7KWです。

燃料は一般に市販されているCB缶(カセットボンベ)です。

取扱説明書も英語でした。

見た目はコンパクトで可愛らしい外観です。

横に寝かせて、網の上で調理することも可能です。

これが良いなぁと思ってこちらを選びました。

裏面にガスボンベをセットするところがあります。

カセットボンベはマグネットの着脱式です。

点火すると、すぐに暖かくなりました。

中央の赤外線セラミックプレートが赤くなります。

シェラカップでお湯を沸かしてみました。

コーヒー1杯分の150ccが3分半で沸騰しました。
かなり優秀ですね。

⇒ポータブルガスストーブの詳細はこちら

冬の車中泊でレビュー

ポータブルガスストーブを持って、冬の車中泊も体験してみました。

やってきたのは、山梨県にある道の駅みとみです。
標高1,100mのところにある道の駅です。

気温は22時で1.7℃、めっちゃ寒いです。

チキンラーメンを作って温まります。

卵も落としました。

チキンラーメンを食べると一気に身体がポカポカと温まりました。

夜は、-34℃まで対応したベアーズロックの寝袋で就寝。
ポカポカ快適に熟睡できました。

⇒ベアーズロック寝袋の詳細はこちら

朝になりました。
やっぱり冬の朝の車内は冷えますね。

ポータブルガスストーブを着火。
10分ほどで車内の気温が約10℃ほど上昇しました。

外が1.9℃で車内が18℃です。
めっちゃ暖かくて、常夏気分です。

朝食はパンを焼きました。

火力が強すぎて、真っ黒にコゲてしまいました。

裏面はすぐに引き上げました。

火力調整が難しいのが難点ですね。

ベーコンエッグも作りました。

パンの上にベーコンエッグを乗せて朝食の完成!

朝から幸せな気分になれました。

今回ご紹介したポータブルガスストーブの詳細はこちらをご覧ください。

⇒1台2役のポータブルガスストーブ

関連記事

  1. ルーメナー2|とにかく明るいLEDランタンはどれだけ役立つか?!…
  2. 軽量コンパクトなダウン寝袋と安いキャンプマットで快適睡眠は可能?…
  3. 凍りつく手が一瞬で解凍される!充電式電熱グローブの実力を検証
  4. エスビットのポケットストーブで固形燃料を使って炊飯にチャレンジ!…
  5. キャプテンスタッグのハンゴーで炊飯&岩塩プレートでカルパッチョ
  6. ソロ車中泊の旅|伊豆編2日目浄蓮の滝と龍宮窟と弓ヶ浜と石廊崎と道…
  7. 無料でダウンロードできるペーパークラフトが楽しくてハマる!
  8. キャプテンスタッグのキャンプアウトV型ファイアグリルをレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP