キャンプ

雨でも!若洲海浜公園キャンプ場へロードバイクツーリングキャンプ

カタリストれいなのロードバイク企画第2弾。
第1弾では、ゆうきさんにも付き添って頂き城南島海浜公園へ行ってきました。

女性一人、ロードバイクでソロキャンプ。今回はゆうきさんの付き添いも無しです。
しかも今回は雨の中の決行です。

第2弾では、東京都内の若洲海浜公園キャンプ場です♪
江東区にあり、海もすぐ近くなのでロケーションは良さそうです。
雨降りの中、無事にツーリングキャンプを終えることはできるのでしょうか?


スポンサーリンク

 

キャンプの持ち物

キャンプ道具

今回は、2回目のキャンプでした。
道具の買い替えや、プラスはなかったので、キャンプ1回目の時と同じ内容で持ち物を詰めました。
詳しいキャンプ道具の内容は、こちらです。
テント


寝袋

テーブル・バーナー・クッカー・ランタン・焚火台

自転車用リアサイドバック

自転車

撮影機材

使用したアクションカメラはapeman-A66という機種です。
完全防水で撮影ができる上に約3,900円ととてもお手頃価格です。
apeman-A66の画質と手ぶれ補正確認


apeman-A66を取り付け走行の実験

apeman-A66の海中撮影

パジャマとリファカラット

前回は、持ち物削減のために、パジャマは持って行きませんでした。
しかし、やっぱり欲しいなと思って今回は持参。

多少かさばりはしたものの、雨や汗のせいもあるのでパジャマは持って行って大正解でした。さっぱりとした状態でぐっすり眠れました。

リファカラットは毎日のルーティーンマッサージをするのに欠かせない存在です。
1回目のキャンプでは、リファカラットも置いて行きました。
しかし、一日中走って疲れたので、マッサージは足の疲れをとるのに必須アイテムだと思い持って行きました。

忘れ物

今回は、非常に忘れ物が多発してしまいました。

  • ナイフ、包丁
  • 締めのご飯
  • コップ

次回は、持ち物リストを作成していこうと思います。

雨のロードバイクツーリングへ

出発は今回も高田馬場の戸山公園からです。
出発時間は、12:15です。

高田馬場(戸山公園)⇒早稲田⇒神楽坂⇒飯田橋

九段下⇒竹橋⇒大手門⇒門前仲町


門前仲町の伊勢屋さん

夢の島⇒若洲海浜公園

到着時刻は15:25でした。
出発した高田馬場から若洲海浜公園まで、約3時間10分かかりました。
雨だったので、ゆっくりこいだのと途中カメラ撮影をしていたので、かなり時間が掛かりましたね。

若洲海浜公園キャンプ場

若洲海浜公園に無事到着です。
キャンプ場は、入り口から見て奥の方にありました。
ゴルフ場があるので、入り口からキャンプ場まで、かなり距離があります。
キャンプをする際はサービスセンターで受付を済ませて、自分の場所を教えて頂きます。

若洲海浜公園では、色々なアクティビティが可能です。
日帰りのバーベキュー(BBQ)もできます。


また、ファイアーサークルもあるので、キャンプファイヤーなどもOK。

ゴルフ場もあり、サイクリングロード、釣りやヨットなどシーサイドの遊びもできますよ。
コインシャワーも設置されていました。


詳しくは公式ホームページかからご確認ください。
http://www.tptc.co.jp/park/03_07/point#mainbody

テントの設営

本日泊まるのは、15サイトです。
支払いをして、場所の説明と自転車の札を受け取ります。

一緒に自転車も入れるように、自転車の持ち込み許可証も頂きました。

始めは、15サイトに泊まる予定でした。

しかし、地面に穴が開いていることに気づいてくれた係のお姉さんが、お隣の21サイトに変更をしてくださいました。
お陰で穴を気にすることなく、テントを張ることができました!


城南島海浜公園の区画に比べると狭いです。
特に、自分専用のテーブルが付くのは贅沢だったのだと、そのありがたみに気が付きました。
そして、かまども点在していますが、サイト毎の専用のかまどでは、譲り合いながら使うようです。
この日は、雨だったので、荷物が濡れないように背負いながら、テントを張ることにしました。
近くには、大きな炊事場がありましたので、使い勝手のいい場所に泊まることができました。
洗い場

調理台

かまど

サービスセンターからキャンプ場に向かう途中に、若洲アウトドアセンターがあります。

営業時間は、10時~17時です。

こちらでは、ビールやアイス、スナックから、アウトドアグッツを買うことができますよ。



ただし、ペットの同伴は認められていないようでした。

ご近所さん

この日は、私ともうお一人だけの貸し切りの状態でした。
平日だったのと雨という事だからのようです。
お隣さんにご挨拶させていただいて、キャンプベースを見せて頂きました。

この時には、ご飯も炊いていて本格的な感じがします。
色々教えて頂き、特に勉強になったのが、コットです。
DODのコットをお使いで、この季節は蚊帳を張ってご使用していました。
寝心地が非常に良く、快適だという事なので、今後のキャンプ道具として検討してみたいと思いました。

コーヒータイム

コーヒータイムにしようと思ったんです。

ですが、コップがない!
仕方がないので、フライパンでドリップしました。

これで飲めるかと思いきや、熱すぎてうまく飲めない(涙)
考えた末、水筒で飲むことにしました。

これで、コーヒータイムを満喫できるように。
外で飲むコーヒーはやっぱり美味しいですね。
コーヒーを飲んでいたら、キノコを発見!

こんな風に自然を発見できるのもキャンプの楽しいところですね。

キャンプご飯

雨キャンなので、キャプテンスタッグのコンロに火を付けるのが大変でした。
すぐには付かず、また大粒の雨が降ってきたので、テントに閉じこもっていました。

お昼も食べずにこいできたので、お腹はペコペコなのに食べられないという事で、
パンとブラックアルフォートを食べて、なんとかやり過ごす作戦に。


待っている間に持ってきた食材をご紹介します。
左から、新玉ねぎのソース、自家製キムチ鍋の素、自家製梅酒です♪

キムチ

翌日のラム肉

鶏肉の塩こうじ漬け

キノコと玉ねぎ

スマホを見ながら、雨が上がるのを待っていたらいつの間にか寝落ちしていました。
目が覚めたのは、7時頃すっかり辺りは、夜の帳が下りていて雨も優しくなっていました。

お水に昆布を入れて、お出汁をとります

キノコは舞茸、えのき、しめじと玉ねぎを入れます

キムチも入れて赤くなりました

また雨が降り出してきましたが、火がついてしまえばこちらのものですね♪
雨の中の夕食です。

特に塩こうじ漬けの鶏肉は、絶品でした!!

味を変えるのに、粉チーズも入れるとコクとチーズのうま味がキムチ鍋とコラボします

締めは、卵

完食しました!美味しかったです

この日は少し寒かったので、お鍋にして大正解でした。

リファカラットー夜のルーティーンマッサージ

今回は、リファカラットと足指セラピーロングを持って行きました。
毎日のお手入れをしたいなと思ったので。

これで、スッキリして眠りに就けます。

朝のお散歩~サイクリングロード~

朝は6時頃、起床しました。
顔を洗って、お化粧をして出発です!

サイクリングロードは左側通行のようです。



海方面から見ていきます

東京ゲートブリッジ、夜はライトアップされていました

行きは堤防のすぐ横をサイクリングロードだと勘違いして走っていました

帰りは、景色の良いサイクリングロードに乗って帰ってこれました。

サイクリングロードの途中に、東海道五十三次の浮世絵がありました


海側と反対方面へ行く前に、朝食を食べることにしました。

2日目の朝食

朝食は、ラムステーキです♪

前回のキャンプで、牛のステーキが美味しくて朝からガッツリお肉を食べたいと思っていました。
塩コショウをして焼き始めます

ひっくり返すとキツネ色に焼けていますね♪

トマトも添えます

包丁を忘れてしまったので、、、
ワイルドにかじります(笑)
中がピンク色でとても美味しい!キャンプの朝ステーキは最高ですね。

お散歩第二弾と撤収

多目的広場へお散歩

先ほどと反対方面へ向かいました。
多目的広場の方には、猫さんたちがけっこういました。


そして、風力発電も1基立っていました。

テントをたたむ

テントをたたんで撤収作業をします。

昨日お世話になったキャプテンスタッグのコンロの炭を捨てに行きました。
捨て場は池の近くにありました。
捨てたあと、洗って収納。

帰り道

行きとは違い、若洲海浜公園内のサイクリングロードを通って出口に向かいました。
朝は濡れていたブランコが乾いていました。

嬉しくて思わず乗ってしまいました。
海に向かってこぐブランコの乗り心地は格別ですよ。

お土産を買う

帰り道で東陽町を通りました。
東陽町には、以前から有名なモンシェールと言うパン屋さんの工場があります。

モンシェールさんの地図

モンシェールのパンをゲットです。
私が少しいる間でも、お客様が入れ替わり立ち代わり買いにやってきていました。

モンシェールの詳細はこちら

最後のまとめ

若洲海浜公園はとても良いキャンプ場でした。
雨だったせいもあり今回は静かなキャンプとなりました。

雨でも楽しめることがわかり、一安心です♪
先輩キャンパーの方とのお話も勉強になって、キャンプっていいなと改めて思いました。
ぜひ、若洲海浜公園にも行ってみてくださいね。

投稿者プロフィール

カタリストれいな
カタリストれいな
みるみるランドの副編集長のカタリストれいな(catalyst Reina)です。お散歩が大好き。食べること、作ること、楽しむがことが大好きなので、みんなと”楽しい”をシェアできたら幸せです。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 【簡単】焚火で栗料理のやり方in秘密基地でまったりした時間を楽し…
  2. 城南島海浜公園キャンプ場へロードバイクツーリングキャンプ
  3. 巾着田キャンプ場へロードバイク45km予約要らず無料のキャンプ場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

Twitter でフォロー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP